2022年
8月12日(金)

全文を読む

チャグチャグ馬コの感動再び 図画コンクール 6人が特選を受賞 22日までおでってで 佳作以上の作品展示

2022-07-18

 第60回チャグチャグ馬コ図画コンクールで特選を受賞した太田哲平ちゃん、田中千暁さん、佐藤茜ちゃん、菅生壮真ちゃん、中村未来さん、佐藤葵依さん(右から)

 「第60回チャグチャグ馬コ図画コンクール」(チャグチャグ馬コ振興協賛会、チャグチャグ馬コ保存会、盛岡観光コンベンション協会主催)の表彰式が16日、盛岡市中ノ橋通のプラザおでって2階ギャラリーおでってで行われた。元山岸小校長の柳村栄さん(65)を含む6人が審査を務め、特選を受賞した6人が表彰された。佳作以上の入賞作品、計90点は22日まで、同会場で展示される。

 同コンクールは、子どもにチャグチャグ馬コに触れ合う機会を設け、より深く知ってほしい思いから、同行事の開催に合わせて開いている。盛岡市、滝沢市、矢巾町の保育園・幼稚園の園児や小学校の児童の作品が対象。

 市交流推進部の畑山紀枝観光課長(53)は「どの絵もチャグチャグ馬コの楽しさが伝わってくる、個性豊かで素晴らしい作品だった。これからもすてきな絵をたくさん描いて、毎年チャグチャグ馬コを楽しみにして見てほしい。もしチャグチャグ馬コを知らない友達がいたら、面白さを教えてあげてほしい。みんなでチャグチャグ馬コを守っていこう」とあいさつ。

 参加数1093点(保育園・幼稚園907点、小学校186点)の中から、最高賞の特選を、「チャグチャグ馬コ振興協賛会長賞」保育園・幼稚園の部でつつみ幼稚園の太田哲平ちゃん(5)、小学校の部で矢巾町立煙山小の田中千暁(ちあき)さん(2年)、「チャグチャグ馬コ保存会長賞」保育園・幼稚園の部で同園の菅生壮真ちゃん(4)、小学校の部で同校の中村未来さん(2年)、「盛岡観光コンベンション協会理事長賞」保育園・幼稚園の部で同園の佐藤茜ちゃん(3)、小学校の部で岩手大教育学部附属小の佐藤葵依さん(2年)が受賞した。

 図画工作に造詣(ぞうけい)が深く、同コンクールで審査員を務めた柳村さんは「特選の6人の作品は、優劣が付けられない、すべてが一等賞の作品だった。チャグチャグ馬コのどんな様子を描こうとしたのかや、どんなところに感動して心を動かされたのかを意識し、その子らしさが現れている作品、感動や思いが伝わる作品、喜びのある作品を選んだ」と講評した。

 受賞した特選6点、入選28点、佳作56点の計90作品は同会場で鑑賞できる。午前9時から午後5時(最終日は同3時)まで。



前の画面に戻る

過去のトピックス