2020年
5月29日(金)

2021年度新卒社員採用
選考スケジュール更新

全文を読む

困難乗り越え校舎に別れ 盛岡市立繋小中 コロナで縮小も 4人が最後の卒業式

2020-03-17

担任の大川教諭と並ぶ藤平優衣さん、滝村咲英さん、髙橋愛茉さん、廣瀬晃太郎君(左から)

 盛岡市立繋中(小山田吉光校長、生徒9人)と同市立繋小(小山田校長、児童16人)の合同卒業式が16日、校内で開かれた。新型コロナウイルス感染症防止のため、来賓の制限や規模縮小はあったものの、在校生、保護者、教員が参加でき、式を見届けた。繋小の卒業生4人、今年度で閉校となる繋中の卒業生4人が卒業証書を受け取り、愛する学びやを巣立った。

 小山田校長は祝辞で卒業生一人ひとりの活動や努力をたたえ、「小中の校訓『切磋琢磨(せっさたくま)』をはなむけに贈ります。これから皆さんの進む学校では、これまで経験したことのないたくさんの出会いがあります。決して集団に埋もれることなく、仲間と互いを認め合い、競い合い、自分を成長させてください」と訴えた。

 来賓代表の髙橋但馬PTA会長は、中学の卒業生へ「中学で学んだことを礎とし、繋中の最後の卒業生として失敗を恐れず、次の目標に進んでほしい」と呼び掛けた。

 中学の卒業生らは式のために練習を重ねた合唱曲「明日への手紙」を、声をそろえて歌い上げ、感謝と喜びを会場に届けた。

 式後の教室で、中学3年担任の大川文子教諭は「少数精鋭という言葉にぴったりの良い学校でした。3年間の成長を一緒に体験できて良かった。これからいろんな人と出会えるので、自分と違う感覚や考え方を大事に、理解できる人になってください」と期待した。


卒業証書を受け取る繋中の卒業生


 藤平優衣さん(15)は「3年間は毎日が充実し楽しい日々だった。(卒業証書を受け取り)今までの思い出や多くの人への感謝が浮かんだ。卒業はとても寂しいが、新型コロナの中、式ができてうれしい。閉校式での来校で本当に最後になる。節目として多くの人に感謝を届けたい」と話した。

 生徒らはこれまでの感謝を込めて、保護者へ言葉を贈った。

 廣瀨晃太郎君の父の敏成さん(65)は「私も父も繋中の卒業生。閉校は残念だが、親子で卒業を見られてうれしい。(息子は)学校で男一人で過ごしてきた。大きな学校に慣れられるか心配だが、自分のやりたいことを一生懸命やってくれれば」と目を細めた。

 卒業式は生徒の送辞、答辞などを省略。席の間隔を大きくとるなど対策を取った。修了式は実施しないため、卒業式後に生徒と教員での記念撮影や、花束の贈呈などの場を設けた。

 小山田校長は「中学閉校前の最後の卒業式。小中を含めた全員で挙式できて本当に良かった」と喜びを語った。



前の画面に戻る

過去のトピックス