2020年
8月14日(金)

おかげさまで創刊50周年

全文を読む

オンラインでパレード 8月1日配信 さんさ踊りの映像を 盛岡青年会議所

2020-07-18

 盛岡青年会議所(盛岡JC)は、新型コロナウイルスの影響で中止になった盛岡さんさ踊り(8月1│4日)の開幕日に、約30~40団体の踊りの映像をまとめた25分間の動画「オンラインパレード」を、中心部の街頭ビジョンやホームページで放映する。過去のパレード映像や畑中美耶子さんのアナウンスも織り交ぜ、本物さながらの臨場感でさんさの雰囲気を味わってもらう。「新しい生活様式に即した新しい祭りのロールモデルとして全国に広めたい」としている。

 各団体から集めた動画編集した映像を、1日午後6時ちょうどに「ユーチューブライブ」で配信する。盛岡JCホームページ(https://www.moriokajc.org)のほか、盛岡大通商店街やJR盛岡駅前の「滝の前広場」、同駅2階コンコース2カ所の街頭ビジョンで同時に放映する。観覧者で人だかりができないよう、スマートフォンなどでの視聴をスタッフが現地で誘導する。何度でも再生でき、冬頃まで視聴できる。

 過去にパレードに出場した約140団体に協力を求め、統一さんさ踊り2番「七夕くずし」を踊る1分40秒の動画を収集中。参加人数は問わず私服でも可。企業や大学生、伝統さんさ踊り団体などから映像が集まっている。提出は18日までだが、事情を考慮して柔軟に対応する。

 宮野祐樹理事長(38)は「力強い太鼓や大勢の人で活気づく、盛岡の夏の風物詩を全く見られないのは寂しい。盛岡にいなくても、今年もさんさ踊りを楽しんでもらいたい」と視聴を薦めた。

 問い合わせは同会議所(651―3778)まで。



前の画面に戻る

過去のトピックス