2020年
9月24日(木)

社員募集「2021年度入社 新卒採用」更新

全文を読む

親族内で集団感染か 県内コロナ感染 新たに6人確認 検査対象80人超の見込み

2020-08-28

 県と盛岡市は27日、新たに6人(県内14~19例目)の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。それによると、いずれも25日に感染が確認された、盛岡市の20代団体職員男性(県内13例目)の濃厚接触者。14例目が同僚、15~19例目が帰省先の親族。県は「親族内の集団感染が強く疑われる状況」と見解を示した。この6人との濃厚接触者は現時点で計13人。接触が疑われる人を含めると、検査対象は80人を超えると見込まれる。

 ■親族5人が感染

 新たに判明したのは13例目の親族で、遠野市の20代自営業男性(15例目)、30代会社員女性(16例目)、10歳未満の男児(17例目)、60代自営業男性(18例目)、60代無職女性(19例目)の計5人。16~23日が発症日とみられ、いずれも重症ではない。16、17例目が26日に新型コロナ感染症指定医療機関へ入院、ほか3人が27日中に入院予定(午後2時現在)。

 この5人との濃厚接触者は、現在までに県内親族5人、県外親族4人、15、18例目の職場関係者1人の計10人。市が他県自治体へ県外親族4人の検査を依頼中。ほか6人は27日にPCR検査を実施し、いずれも陰性だった。

 このほかに、医療関係者3人と19例目の友人1人に接触の疑いがあり、医療関係者3人は27日のPCR検査で陰性と判明。友人は28日に実施予定。

 県によると、県内の親族6人と13例目の男性、県外の親族4人(東北地域居住)の計11人は13~16日に4回、家で食事をしていて、その際には大皿でおかずの取り分けなどがされていたとみられる。親族への聞き取りによると、県外親族1人が13、14日に熱感などの不調を訴えていた。

 15、18例目は同じ職場に勤め、県は60~70人程度に接触の疑いがあるとして、リストアップを急ぎ、順次PCR検査を実施する。男児の感染による休校や休園などの影響はないとしている。
 県は親族内での集団感染が疑われる状況としているが、地域の不特定多数へ感染が拡大する状況ではないとみている。

 ■14例目は盛岡市の同僚

 県内14例目の感染者は盛岡市在住の20代団体職員男性で、13例目の職場の同僚。市内5例目となる。22日に友人と過ごし、24日に発熱、せき、咽頭痛など発症し、市内医療機関を受診。25日に盛岡地域外来・検査センターでPCR検査を実施。同日に13例目の感染が確認されたため、26日に濃厚接触者として別途PCR検査をし、陽性と判明。同日、感染症指定医療機関へ入院した。

 この男性は一人暮らし。友人3人が濃厚接触者で、うち県内の2人が27日に検査。残る県外の1人は検査依頼中。男性が受診した市内医療機関関係者9人も接触の疑いがあり、同日に検査。合わせて11人はいずれも陰性だった。



前の画面に戻る

過去のトピックス