2020年
10月26日(月)

地域新聞はおもしろい 地域新聞だからおもしろい

全文を読む

秋の陽に汗光る たきざわスポーツフェス 子どもは元気いっぱい 大人は運動不足を痛感

2020-10-11

秋風を切ってマラソンに汗を流す児童たち

 たきざわスポーツフェスティバル2020(同実行委主催)が10日、滝沢市の滝沢総合公園で開かれた。紅葉色づく中、スポーツやレクリエーションに子どもから高齢者まで参加し、交流を深めた。新型コロナウイルス禍のため室内スポーツはなく、午前中で全競技を終了した。

 マラソン、グラウンド・ゴルフ、ゲートボール、学童野球、テニスの5競技に、幼児から80代の市民ら延べ約500人が参加。学年や年齢別に分かれて競技に挑んだ。

 子どもと参加した大人たちは、久々の運動に息を切らせ、日ごろの運動不足を痛感していた。


紅葉の中で、グラウンド・ゴルフを楽しむ高齢者たち


 親子ペアでの400㍍走に参加した同市穴口の宮森洸丞ちゃん(5)は「(距離が)長く感じたけど、お母さんと一緒だから頑張った」と息を弾ませた。母親のひろみさん(42)は「久しぶりに思いきり走った。良い運動になった」と笑顔で汗を拭っていた。

 同フェスは、健康づくりの推進を目的に毎秋開催。昨年は台風で中止となり、今年はコロナの影響で屋外競技のみとし、赤ちゃんハイハイやウオークラリーなどを中止とした。

 吉川健次実行委員長(74)=市体育協会会長=は「コロナ禍に負けず、開催できてよかった。運動習慣をつける機会になれば」と期待していた。



前の画面に戻る

過去のトピックス