2020年
11月27日(金)

地域新聞はおもしろい 地域新聞だからおもしろい

全文を読む

ユーチューブで話題に 菅原靴店 一押し商品を紹介 伊や仏から買い付けて 関西、九州からも来客

2020-10-21

推奨商品を楽しそうに投稿する菅原社長

 盛岡市大通の菅原靴店(菅原誠社長)が、店の一押し商品を紹介する動画が話題になっている。イタリアやフランスから独自に買い付けたハイグレードの良品を、動画投稿サイトのYouTube(ユーチューブ)で毎週発信。店舗で接客されているような細やかな解説からファンをつかみ、「社長に会ってみたい」と、視聴者が関西や九州などから毎週のように来店し、大通商店街の活性化にも貢献している。

 同店は「靴屋から提案するセレクトショップ」をコンセプトに、大型商業施設とは一線を引いた高級靴や服、バッグ、香水、アクセサリーなどを100ブランド余りそろえる。ワンランク上の品ぞろえからコアなファンをつかんでいるが、地元だけでは顧客層が限られるため、8年前からネット販売を始めた。

 写真や文字だけでは伝わりにくい靴や服のサイズ感、フィット感を伝えるツールとして、約2年前に動画配信を開始。

 レディース用品は、社長の妻・清美さんをメーン担当に、シーズンごとの推奨品のほか、「モテる」「ロックな」「リネン特集」などのテーマを設け、ブランドの特徴から着心地、トータルコーディネートまで伝える15~20分動画を、月曜に配信している。

 デメリットもしっかり教えることで信用性が高まり、ネット販売は、いまや店舗と互角の売り上げを誇る。


投稿サイト投稿されている清美さん担当の動画


 思わぬ相乗効果は、「菅原社長に会ってみたい」と、関東や関西、九州の視聴者が週末に本店に訪れること。大通商店街の来街者増に貢献している。

 遠路はるばる来店するお客に、盛岡の食も味わってもらいたいと、市内飲食店の逸品を紹介する食べログならぬ「菅(すが)ログ」を始めた。さらに、コロナ禍で活躍するテレビ会議システムを利用し、商品の疑問に個別に対応する「菅(すが)ズーム」も予約制でスタート。店にいるかのような接客を30~40分間受けられると好評。

 「動画のメリットは訴求力が高いこと。薦めたい商品をピンポイントで紹介でき、活字や写真よりも出演者の人間性が伝わりやすい」と利点を実感する菅原社長(46)。「サイト上で盛岡出身者から『菅原靴店が地元にあることが誇り』とのコメントをもらった。経済は人ありき。当店のようなコアな店が地域の誇りとなり、盛岡に訪れる人も増やせれば」と展望する。

 同店は創業1950年の老舗の靴店で、菅原社長は3代目。今後は県内の観光スポットでの出張撮影を企画し、「岩手に行ってみたい」という動機形成に一役買う。



前の画面に戻る

過去のトピックス