2020年
11月27日(金)

地域新聞はおもしろい 地域新聞だからおもしろい

全文を読む

43~51例目 おおいし関係4人 久慈の男性と濃厚接触3人 盛岡消防関連が2人

2020-11-14

 県と盛岡市保健所は13日会見し、12日夜までに判明した県内43例目から51例目となる新型コロナウイルス感染症患者の詳細を公表した。盛岡市の海鮮季節料理おおいしのクラスター関係で4人、盛岡中央消防署葛巻分署のクラスター関係で2人、11日に判明した県北広域振興局水産部の久慈市の20歳代男性の濃厚接触者3人の計9人。

 おおいしのクラスター関係でウイルスが検出されたのは、同店経営者の妻で盛岡市内の医療機関の看護師をしている同市の60歳代女性、5日に同店を利用した滝沢市の自営業の50歳代男性、無職の40歳代女性の夫婦と10歳未満の女児の家族の計4人。

 看護師の女性は、9日に発症し、せきや鼻水の症状がある。夫からの感染が濃厚。7、9日に会食を共にするなどした知人5人、職場の同僚2人が濃厚接触者で、知人1人、職場の同僚17人が接触者となっている。いずれも13日の検査実施で調整中。このほか、職場で採血などの際に体へ触れた外来患者が7人いる。

 利用者の家族3人は、男性は10日の発症で発熱、せき、たん、咽頭痛、倦怠感、女性は12日の発症で発熱、咽頭痛、倦怠感、女児は12日の発症でせきの症状がある。女児は10、11日に通学をしており、滝沢市は通学する小学校を13日に休校措置とした。3人の濃厚接触者は現在、県央保健所で調査中。いずれも13日中の医療機関への入院を調整中。

 葛巻分署のクラスター関係では、既にウイルス検出が確認された20歳代男性職員と同居する両親で、滝沢市の会社員の50歳代男性、公務員の50歳代女性から新たにウイルスを検出。いずれも無症状病原体保有者で、13日に感染症指定医療機関へ入院予定。滝沢市は女性が市内の小学校教員と公表し、13日に勤務校を休校措置とした。2人の濃厚接触者は現在、県央保健所で調査中。



前の画面に戻る

過去のトピックス