2021年
1月24日(日)

地域新聞はおもしろい 地域新聞だからおもしろい

全文を読む

CDリリース 夢かなえる 盛岡のピアノ講師・豊巻敏子さん クリステル・チアリさんと ストリートピアノを機にコラボ

2020-12-04

 クリステル・チアリさんに曲を提供したCDの完成を喜ぶ豊巻敏子さん

 盛岡市のピアノ講師・豊巻敏子さん(60)が、声優で歌手、タレントのクリステル・チアリさんに曲を提供し、自ら演奏したCD「cotton candy(コットン・キャンディ)」が、10月にリリースされた。街中に設置され、誰もが自由に弾ける「ストリートピアノ」がきっかけで、「CDを出したい」という夢をかなえた豊巻さんは、「コロナ禍で多くの人が不自由な思いをしているいまこそ、夢を持ち続けること、諦めないことの大切さを伝えたい」と話す。

 CDには、豊巻さんが小学校2年生のころに友人と作った「ひろいおにわのちいさなおはな」、豊巻さん作曲・tammyさん編曲の「夢に乗せて」「カルーセル」、チアリさん作詞・furaniさん作曲の「しゅしゅぽぽ」の4曲を収録。豊巻さんのピアノの音源をトイピアノの音色に変換し、チアリさんの明るい歌声と美しい音色・旋律が心をなぜる作品になった。

 チアリさんは、NHK教育テレビ「英語であそぼ」の「クリスおねえさん」として親しまれ、電車の英語アナウンスでも知られる。CD製作のきっかけになったのが、駅や公共施設などに設置され、近年は動画共有サイトでも話題のストリートピアノだ。

 豊巻さんは、2年ほど前に盛岡から京都に移り住み、老人介護施設で働きながら、音楽を通じたボランティア活動を継続。東京に転居後、新型コロナウイルスの影響で施設訪問は中止したが、音楽への夢は諦めきれず、首都圏にあるストリートピアノを演奏していた。

 今年8月、神奈川県川崎市内のストリートピアノを弾きながら、自身の来し方を語っていたとき、「地球雑貨と癒しの空間 ナディア」(横浜市)オーナーの鳥居裕子さんに声を掛けられた。

 鳥居さんの紹介で知り合ったチアリさんから「夢をかなえてあげたい」と温かな応援を受け、10月31日のチアリさんのライブでの披露を目標に、CDの製作を開始。11月上旬、「たくさんの人たちに支えられた盛岡で、自身の経験を伝えることで誰かが元気になったり、音楽でほっとした気持ちになってもらえれば」と、完成したCDを持って帰郷した。

 幼少期からピアノを習い、音楽が大好きだったが、ピアニストを目指すには手が小さかったことから、音大への進学は諦めた。盛岡白百合学園高を経て、白百合女子大では国文学を専攻した。

 3人の娘を育て、孫の世話をしながら、10年以上前から「ハッピータイム」の名称で始めた音楽交流活動は、100回を超える。公共施設や高齢者施設などでオリジナル曲や童謡・唱歌を演奏し、親子や高齢者らに寄り添ってきた。

 新型コロナの状況を見て、交流活動を再開させたいと願う豊巻さん。「すべての出会いに感謝。チアリさんと作ったCDが、子どもからお年寄りまで親しまれ、さらに多言語で制作されて、世界に広がっていくのが夢」と語る。

 「cotton candy」は1819円(税別)。制作はくりちゃまRecords。問い合わせは、ハッピータイム・豊巻さん(メール:askarin-lovelove-lovesong@docomo.ne.jp)



前の画面に戻る

過去のトピックス