2021年
1月24日(日)

地域新聞はおもしろい 地域新聞だからおもしろい

全文を読む

県内コロナ感染 新たに県立学校教職員 雫石の病院関連は105人に

2020-12-28

 県と盛岡市保健所は27日、県内で新たに新型コロナウイルス感染症患者9人を確認したと公表した。このうち、1人は県立学校の教職員。26日にも10人の感染が確認されており、県内のこれまでの累計患者数は372人となった。いずれも重症ではない。院内感染によるクラスター(感染者集団)が発生した雫石町の病院関係では26日に4人、同じくクラスター発生の一関市のスナック「ステラ」関係では、26、27日で計10人の感染が確認された。

 同町の病院関係は、他医療機関からの応援医療従事者で盛岡市の20歳代女性、同町の30歳代男性、北上市の50歳代女性の3人、既に感染が確認された出入りの業者の同居家族で滝沢市の20歳代無職女性の計4人。同病院関係の患者は105人となった。

 感染が確認された県立学校の教職員は、盛岡市の40歳代男性。19日の別居親族や知人との会食、22日の職場の同僚との会食での感染が濃厚。男性は24日に部活動と課外、25日に部活動を実施しており、当該校での接触者として児童生徒、教職員約30人の検査実施を予定する。学校は23日から冬季休業中で課外や部活動はしていたが、27、28日を臨時休業とし、以降は1月3日まで学校閉庁日となる。

 一関市のステラ関係は、26日に同市の20歳代から60歳代の男性4人の感染を確認。いずれも18日から21日の間に同店舗を利用していた客。27日には、利用客の同市の60歳代無職男性1人、感染が確認された利用客の職場の同僚で他店での会食歴がある同市と奥州市の30、50歳代の会社員男性3人、同店店員の濃厚接触者で一関市の20歳代自営業男性1人、同店関係者と仕事以外での接触があった同市の20歳代店員男性1人の計6人の感染が確認された。

 同店関係では、27日正午現在、店員、利用客、接触者など135人の検査を実施しており、このうち、ウイルス検出が16人、不検出99人、検査中20人。

 これまでの県内感染者との接触がない患者として、26日に盛岡市の50歳代自営業女性、北上市の20歳代会社員男性、27日に盛岡市の40歳代会社員男性、一関市の60歳代会社員男性も公表された。一関市の男性は21日に会食した他県の人の感染が確認されていた。



前の画面に戻る

過去のトピックス