2021年
4月23日(金)

全文を読む

「たますぽ」が4月に 総合型地域スポーツクラブ 玉山で立ち上げ 幅広い年代が楽しめる場へ

2021-03-03

たますぽへの参加を呼び掛ける工藤さん

 盛岡市の玉山地域を拠点とする総合型地域スポーツクラブ「たますぽ」が、4月から本格的に活動を開始する。子どもからシニアまで広い年代がスポーツを楽しめる場を提供する計画で、代表を務める工藤昭敏さん(44)は「玉山に居てよかった、と思える場所をつくりたい。アクティブな人生を歩むための運動の場を提供できれば」と意気込む。

 「ウェルネスクラブ・レインボー健康体操で寝たきり0を目指す会」の理事長として、これまでも各地で高齢者の介護予防に向けた健康体操の指導を行ってきた工藤さん。広い年代に運動を楽しんでもらおうと、玉山地域での総合型地域スポーツクラブ設立を計画。2019年から運動の機会を提供するイベントを開いてきた。

 20年5月からは、月10回程度のペースで体験会を開催し、総合型クラブの運営に向けた準備を進めてきた。


たますぽフェスタ2021で、ボッチャを楽しむ人たち=21日(工藤さん提供)

 2月21日には、好摩地区体育館と同地区公民館で、たますぽフェスタ2021を開催。園児とその保護者を対象とした親子エクササイズや、小学生を対象としたタグラグビー、シニア世代向けのリズム体操やボッチャなどを行った。約70人が参加し、楽しく汗を流した。

 たますぽは本格始動後▽子ども▽中学生~働き盛り▽シニア―の3世代のクラスを設定。将来的には、ボッチャやタグラグビーなどへの大会参加も視野に入れる。

 居住地など、参加条件は設定しない。会場は、主に巻堀中学区にある施設を使用する方針。指導陣は、玉山地域にゆかりのある人を招く予定。参加料金、プログラムなどは検討中。

 3月中に運営するNPO法人を立ち上げ、4月から本格的に活動する予定で、理事長には工藤さんが就任する見通し。

 3月も、体験会を計10回開催予定。参加費は1回200円。これまでのたますぽの活動内容や今後の予定などの情報は、フェイスブック(https://www.facebook.com/tamasupo/)で公開している。

 問い合わせ、体験会の申し込みなどは工藤さん(電話090―3640―6753、メール910akitoshi2@gmail.com)へ。



前の画面に戻る

過去のトピックス