2021年
4月23日(金)

全文を読む

リニューアル1年延期 盛岡市動物公園 土木業者の辞退受け 4月下旬から半年暫定開園

2021-03-26

 盛岡市は再生事業に取り組んでいる盛岡市動物公園について、リニューアルオープンの時期を2023年春に1年延期する。土木工事事業者の辞退に伴う再選定、市内企業へのヒヤリングなどに基づく工程の再検討の結果、延長せざるを得ない見通しとなった。休園予定だった21年度は4月下旬から9月下旬まで現行施設で暫定開園する。市が25日の市議会全員協議会で説明した。

 再生事業で、市は市動物公園再生事業(SPC)と建築工事(獣舎などの修繕)とともに、土木工事(水道・ランドスケープなど)に分けて事業者の選定を進めてきた。このうち、土木工事について、市内企業を対象に20年11月に一般競争入札を実施したが不調となり、入札参加意向を示した1社と協議を進めてきたが、2月中旬に辞退の申し出があったため、新たに事業者選定する必要が生じた。

 事業者選定に当たり、対象を市外企業にも広げ、市の工事評定上位の市内企業3社、同様の工事実績を有する市外企業2社に対し、施設整備に係る実施協定に基づく上限額を前提として協議の上、施工可能な事業者を選定する。21年9月下旬までに事業者選定、工事設計・準備を行い、同10月上旬から23年3月下旬まで工事を実施し、23年春のリニューアルオープンを目指す。

 新型コロナウイルス感染症の影響が長引く中、市民が屋外で安心して楽しめる場を提供するため、もりおかパークマネジメントから提案を受けてリニューアル前の暫定開園として4月下旬から9月下旬まで動物公園らしいサービスに取り組んでいく。

 高濱康亘都市整備部長は「リニューアルオープンを楽しみにしている多くの市民やファンには大変心苦しい報告だが、着実なリニューアルに向けて引き続きもりおかパークマネジメント、SPCと連携して取り組むとともに、暫定開園することとしたのでZOOMOを楽しめるように工夫をしていきたい」と話した。



前の画面に戻る

過去のトピックス