2021年
11月27日(土)

全文を読む

秋冬の需要へ強力タッグ いわて観光キャンペーン推進協 キーワードは「癒し旅」

2021-10-28

ミスさんさ踊りがキャンペーンのキックオフを盛り上げた

 いわて観光キャンペーン推進協議会(会長・達増知事)は21日、盛岡市内のホテルで2021年度第1回総会を開いた。県内の観光団体関係者ら72人が出席し、新型コロナウイルス感染症第5波の鎮静化を好機ととらえ、秋冬の観光需要にオール岩手で取り組むことを確認した。

 達増知事は「本県は直近1週間の人口10万人当たりのコロナ新規感染者ゼロを続けている。改めて感染症対策にお礼を申し上げる。緊急事態宣言が解除されて、いわて旅応援プロジェクト第2弾の実施や、東北6県、東北観光推進機構と連携して、観光需要の回復へ向け、オール岩手で取り組みたい」とあいさつした。

 21年度後半は、「いわて秋冬観光キャンペーン」を、「癒し旅」をキーワードに展開する。

 「いわてに泊まって巡って、癒し旅キャンペーン」では、対象施設のレシートを送ると、最大5万円分の県産品が抽選で当たる。


「いわて秋冬観光キャンペーン」の誘客をPRする達増知事やいわておかみ会ら

 「医療従事者向け癒し旅プラン」では、コロナ対策の最前線で対応した医療従事者などへ感謝の気持ちを込めた特別プランを用意。市町村やJRなどと連携し、多様なニーズに応え、おもてなしを強化すると発表した。

 総会後、「岩手まるごとおもてなし隊」のサクラ凛さんとマジカル河童ちゃんが司会を務め、同キャンペーンのキックオフセレモニーを開催。2021ミスさんさ踊り・さんさ太鼓連が華やかにさんさ踊りを披露し、機運を盛り上げた。

 いわておかみ会会長の橋本英子さんは「コロナもようやく、収束の兆しが見えてきた。海の幸、山の幸、そして人情の厚いこの岩手に再び、全国各地、世界各国からお客さまにおいでいただけるように願っている。心を込めたおもてなしで、お迎えしたい。ぜひ岩手におでんせ」と、キャンペーンのキックオフを宣言した。



前の画面に戻る

過去のトピックス