■ 2011年12月のヘッドライン

12月 1日(木)
● 壁土を木材に交換へ 盛岡市保全建造物の浜藤の酒蔵
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1251 「小春日和」工藤是勝
● 〈夜空に夢見る星めぐり〉295 八木淳一郎 星空の十字架
● 〈風まかせ〉449 青森車両センターまつり開催
● 〈大震災私記〉61 田村剛一 隣町大槌1
       ◇        ◇
● 「県民の民意を見定める」 16年国体で達増知事
● 議長立候補制で一致 盛岡市議会会派
● 職員給与改正案など上程 県議会が開幕
● 火災起こさないように 凍結水道菅の解凍講習会
● 福島以外に代替地あるならやりたい 農業法人セミナーで震災後の思い
● 〈わが歳時記〉高橋爾郎 12月
● 節電取り組み9月も続く 盛岡市
● 高い就農意欲を見せる 紫波町で7人が相談会に
● 岩手が全国で勝つために 3高校体育科の生徒がグループワーク
● こだわり食材を発信 里の幸会で味わう
● 〈第14回少年少女の詩〉江間章子賞 なかかるまいだいち 「あさがお」
● 岩手初のエコビレッジ誕生へ 雫石町長山の極楽野に
● 事業アイデア提言ツアー 東北銀行とトーマツが大船渡市で
● より広域的に事業強化 盛岡商議所の常議員会で観光議論
● 職業学科高に実習機材 全国の経済同友会
● 〈東日本大震災〉原発と健康テーマに講演会 (胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉事業の再開を断念 大船渡の合板企業(東海新報)
● 〈東日本大震災〉スマートコミュニティを検討へ (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉大船渡駅裏に夢商店街 (東海新報)
● 受検に役立つ体調管理 雫石中で柔道の五輪監督招く
● 学校で歯磨き習慣を 盛岡市歯科医師会が要望
● 廃用牛競りが再開へ 全農いわてが中央家畜市場で
● 大震災で盛岡市内、587戸が一部損壊していた
● 介助犬に感謝の日々 中村さんが市長を表敬
● 一般入試の学生募集要項 岩手大学
● 4割は規制値以下 学校給食の放射能牛肉
● いわてユネスコが活動奨励賞 見前南中に
● 〈ニュース短信〉国道107号で正面衝突 川目の男性が死亡
● 花泉診療所の面談結果を報告 県医療局が議会に
● 〈告知〉児童心理を学ぶ特別講座
● 〈告知〉岩手大学工学部で学術講演会
● 〈告知〉ワンワールドフェスタを開催

12月 2日(金)
● 待望の高速道全車無料化始まる インターはスムーズ
● 〈胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉53 八重嶋勲夫 予ただ悲しむ、兄が志かく衰えたるか
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1252「錦をまとう」佐々木弘元
● 〈潮風宅配便〉76 草野悟 佐羽根悠々会から義援金
● 〈大震災私記〉62 田村剛一 隣町大槌3
       ◇        ◇
● 冬桜咲く 夕顔瀬町の橋市道場前で
● 「平泉で盛岡誘客できれば…」 谷藤市長、出先機関設置の考え
● 八戸市から本県に1000万円 市役所トイレの「善意」
● 3日に予定のオープンは延期 安比高原スキー場
● 地産地消給食さらに拡充 モデル指定の滝沢村で報告会
● 「夢のおかげで今の自分」 雫石町で職業人に学ぶ講座
● 佐々木恵子さんらに大臣表彰状 社会福祉貢献
● 年末年始の安全へ決意 滝沢村
● 公明党市議が予算要望 盛岡市に
● 大河ドラマ「龍馬伝」演出家の大友さん 母校の中学で講演
● 高齢者向け賃貸住宅が完成 盛岡市三本木に
● 〈12月の県内イベント〉
● 北銀が青森支店を新装 5日オープン
● 〈女性たちの仕事場〉1 工房「和緒居」高橋りえさん
● 〈少年少女の詩〉江間章子賞 伊藤茉凜 「声よとどけ」
● 〈東日本大震災〉熊本で「甘ほたて」(東海新報)
● 〈東日本大震災〉内部被ばくの検査へ希望者募る (胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉津波被災の仲間と再会 今度は励ます番 (胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉青葉公園商店街がオープン (復興釜石新聞)
● 「絆の輪」広げよう 森フェスでシンボルリースに点灯
● 生徒が畑で大豆を収穫 紫波二中、納豆にして給食に
● 滝沢中央小の開校を1年延期 土地利用見直しに時間
● ドクターヘリのポートに着工 岩手医大
● 83件の相談 市立病院看護師の結核発症で
● 市職員などかたる還付詐欺 注意呼びかけ
● 〈ニュース短信〉覚せい剤所持の容疑で逮捕
● 〈告知〉ママのリラックスタイム
12月 3日(土)
● 盛岡市まちづくり研が優秀賞 法政大学の地域政策研究賞
● 〈大震災私記〉63 田村剛一 大槌の教え子たち1
● 〈賢治の置土産〜七つ森から溶岩流まで〉239 岡澤敏男 帝室林野局のナゾ
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1253 「曲がり屋主人の独り言」永瀬圭寄
● 〈東日本大震災〉陸前高田・吉田家文書で解読作業再開
         ◇        ◇
● クリスマスリースを沿岸の被災者に 盛岡二高の華道部26人
● 震災被災の11人を雇用 コンタクトセンターが開所
● 集落排水と下水道 滝沢村が使用料金見直し
● 胡堂はいじめられっ子だった 彦部小3年生が学ぶ
● 〈舗石の足音〉380 藤村孝一 政治や人の道徳と違って電気製品は
● 自然体験をさせるために 指導者が研修会
● 雫石町議会は6日に開会
● 住民自治通じて健康な生活を 公民館連絡協議会研究大会
● 水産業復興へ3億9000万円 ヤマト財団
● 児童養護施設でノロウイルス
● 〈各地の話題〉白鳥遺跡で説明会 平泉と強い結びつき(胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉冠水対策で道路かさ上げへ (東海新報)
● 〈東日本大震災〉松原再生への一歩、休耕田の草刈り作業(東海新報)
● 持ち帰りラーメン開発中 柳家で
● 仮設の交通確保策を話し合う 関係機関が連絡会議
● 新たな再生機構も 経産省が3次補正説明会
● 若手の東北アート交流の場を 内丸地区にギャラリー
● 〈杜陵随想〉伊能専太郎 発音はこれでいいの?
● 写友「北彩」が作品展
● 馬コを増やそう 保存会が購入繁殖馬をお披露目
● 三井被告に懲役3年の判決
● 中三債権者集会は1月に開催
● IGR、2期ぶりの黒字へ 貨物使用料改定が寄与
● 斉藤貴さんが写真展 出会いの一瞬
● 功労者10団体、76人を表彰 スポーツ人の集い
● 公募14施設は同じ団体に 滝沢村の指定管理者
● 盛岡環状線野田線は計画変更で継続 県決める
● 〈告知〉B型肝炎被害救済で無料電話相談
● 〈告知〉県信用保証協会が相談窓口時間を延長
● 〈告知〉障害者のための料理教室
12月 4日(日)
● 今こそ地方政治家を 相原正明氏が「いわて松下村塾」
● 〈大震災私記〉64 田村剛一 大槌の教え子たち2
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1254 「霧の街」十文字実
● 〈詩人のポスト〉金野清人 故国の冬 
● 〈写真集「南部馬の里」〉32 遠藤広隆 牧野から帰る日
         ◇        ◇
● 若者が谷藤盛岡市長と語る
● 巻堀中は改造と増築で 盛岡市教委
● 〈告知〉仙台フィル新春コンサートに招待
● 〈東日本大震災〉福島を忘れないで 二本松市の幼稚園経営者が講演
● 〈東日本大震災〉復興の方向性決まる 陸前高田市で計画案承認(東海新報)
● 〈東日本大震災〉復興道路、釜石市平田地区で測量と調査の説明会 (復興釜石新聞)
● 〈各地の話題〉2年連続で特別優秀賞 お米甲子園で水沢農高(胆江日日新聞)
● 金融ニーズにも地域差 中小企業金融連絡会議
● 〈もりおかの残像〉37 澤田昭博 介寿荘
● 他部署・他機関と「連携できず」が3割 震災で県が職員アンケート
● 地方整備局の体制が強化に
● 風土に合う生活共同体を目指して 雫石町に「森の家」オープン
● 敵も味方もバッサリ 小泉進次郎氏が盛岡駅前で街頭演説
● 利用者を殴って鼻血 みたけの園、嘱託職員が依願退職
● 雨の中で記録に挑む スピードスケート県民大会
● クリスマス献血キャンペーン始まる
● 盛岡市議会は5日に招集
● 滝沢村議会は8日に招集
● 県中新人戦、2年ぶり2回目の優勝 滝沢二中女子剣道部
● 震災関連で3件の企業倒産 11月の県内
● アルミ缶回収で優秀校に 雫石町の西根小
● 街頭の設置要望増える 玉山区で
● 〈岩手の馬に乾杯〉居酒屋店主 ほら、そうだろう?
● 姥屋敷小児童が大豆収穫祭 豆腐を作って「豆の味する」
● 277人が舞台に 盛岡地区合同発表会
● アートの贈り物 岩手芸文美術展
● 県内作家13人からのクリスマスプレゼント 石井県令邸で
● 〈告知〉働くものほっとライン
● 〈告知〉就業力育成シンポジウム 県立大学で7日に
12月 5日(月)
● 住民が将来像を議論 盛岡市の協働モデル指定3地区で組織立ち上げ
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1255 「夕映え」吉田瑞夫
● 〈幸遊記〉48 照井顕 五木寛之の歌の旅人
           ◇          ◇
● 〈茶席の花版画集〉68 八重樫光行 羅生門葛
● 1年の感謝を込めて 県華道教会が献花
● 根気の手作業を黙々と 避難の被災者たちがクルミの殻むき
● 「こけし時代」で岩手の特集 神奈川の沼田さん
● 山口博之さんが特許 木材へのグラデーション彩色
● 〈野の花の詩〜深沢紅子油彩画集から〉6 高橋繁 「そよかぜ」
● 内陸の活力が不可欠 いわて県民計画第2期AP案
● 〈杜陵随想〉澤田鎮子 十人十色
● 生産者と消費者の絆を 産直運動推進大会で意見交換
● リーダーの仕事とは ソフトボール元全日本監督の宇津木さんが講演
● 〈昭和20年代の盛岡とその後〉11 和井内和夫 変わっていないようで…
● 大釜にも排雪場所を開設 滝沢村が除雪計画
● JA共済連が交通指導車贈る
● 〈東日本大震災〉被災書店に取材と応援 九州から「子ども記者」(東海新報)
● 〈東日本大震災〉茂木健一郎さんが講演(復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉JR大船渡線どう復旧 関係者が調整会議(東海新報)
● ゴンドラで救助訓練 雫石スキー場で
● 多難だった1年を振り返る 谷藤盛岡市長、田村八幡平市長
● 盛岡弁のぬくもりが伝わる 盛岡文士劇
● 仙北西団地に大型の生ごみ処理機 資源再利用へ強い味方
● 天昌寺町スノーバスターズが発足 今年も活躍へ
● 紺屋町番屋に車 柱の一部を破損
● 〈ニュース短信〉強風で列車ダイヤに乱れ
● 〈告知〉岩手鮭まつり、今年も開催へ
● 〈告知〉道東北オンブズマンフォーラム
12月 6日(火)
● 息長い復興支援を 盛岡地区の民間団体がネットワーク
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1256 「冬を待つ岩洞湖」工藤六郎
● 〈大震災私記〉65 田村剛一 家電を求めて
          ◇        ◇
● 放射線被害で相談窓口 県が開設
● 盛岡市中心部も雪模様
● 本会議に23議案が上程 盛岡市議会が開幕
● 寒さ到来、衣料品店に活気
● 〈消えない思い〉65 吉田六助さん(享年37歳)
● 冬ギフトで復興支援 県商工会連合会が特産品カタログ
● グリーンテクノロジーを 応用物理学会支部がシンポ
● 〈この子を残してわたしは死ねない〉71 高橋喜三郎 第6話不慮の事故3
● 被災から再建へ 八木澤商店の河野氏が講演
● 〈少年少女の詩〉江間章子賞 黒沢実秀 「生きていくということ」
● 3大学から学生135人が出場 10日にストリートパフォーマンス
● 〈栄華の系譜〉20 大内豊 奥州藤原氏と信夫佐藤氏
● TPPに強い危機感 盛岡市農委の藤原会長
● 復興願い短冊 盛岡駅2階コンコースに
● 地域自治区の継続を要望 盛岡市玉山区
● 被災者招き映画会 60人参加、「見れてうれしい」
● 濃厚接触者は369人に増える 盛岡市立病院の看護師結核
● 復興国債の販売を開始 復興費用に充当
● 県立大学生がハートを学ぶ 地域おこしの若者たちから
● 絆を大切にするために 仙北中スノーバスターズが発足
● ツキノワグマから放射性物質
● ビッグブルズがアウェーで初の連勝
● 矢巾町が振興局と意見交換
● 「補修費用は原因者が負担」 紺屋町番屋
● 〈ニュース短信〉IGR、落ち葉で車輪が空転
● 〈東日本大震災〉復旧に3.5億円 コンテナ用荷役機械(東海新報)
● 〈東日本大震災〉「夢商店街」がオープン(東海新報)
● 〈東日本大震災〉釜石ラーメンをPRへ (復興釜石新聞)
● 〈各地の話題〉右半身の障害を克服したカメラマン(胆江日日新聞)
● 〈告知〉新春水沢競馬応援ツアー
● 〈告知〉女性起業ブラッシュアップ編
● 〈告知〉ママのリラックスタイム
● 〈告知〉こころサロン公開講座
● 〈告知〉紫波町小3〜中3オーケストラ鑑賞ツアー
● 〈告知〉ロシア語文化講座
12月 7日(水)
● 16年国体を開催へ 達増知事が表明、運営方式など課題に
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1257 「盛岡ルミナリエ」澤田昭博
● 〈アートは元気の素〉9 えいこ・いのうえ マボロシの島
● 〈口ずさむとき〉258 伊藤幸子 「源氏絵巻」
         ◇       ◇
● 新エネ導入へ提案募る 紫波町が中央駅前公共施設に
● 副町長職を廃止へ 紫波町が条例案を上程
● ケーキの贈り物届く 専門学校生が青雲荘に
● 平泉ナンバーの実現を迫る 県議会で樋下氏
● 〈NHK盛岡文化センターわたしの作品〉短歌 村松濱子
● 縄文女性の一生とは 滝沢村で埋蔵文化財講座
● 本県生まれの鈴木誠さん、被災地を描く こん身の作品展
● 聴くことで支える 自殺予防センターが講話会
● 〈夢中翁がたり〉82 山田公一 水の街もりおか
● 小学生向けにロボット教室 プログラミングで動きを制御
● 滝沢村で生涯学習推進大会
● 郵便会社が2千万円寄付 県に
● 仁王小6年生が税務署訪問 税金の仕組みを学ぶ
● 〈エッセイ〉佐々木市子 「本郷猛」
● 盛岡市建設の第1弾 山田町にエコハウス
● 内陸移住被災者の心のケアも 自殺対策推進会議で議論
● 申請期間を2年延長 被災者への生活支援金
● 理髪ボランティアで親切実行章 遠藤佳代さんに
● 全日本学生スキー大会で予算案 雫石町議会に
● 冬タイヤ装着率は97.2% 1日現在
● 在宅被災者に石油ヒーター 民間団体が
● 〈日々つれづれ〉99 三浦勲夫 記憶
● 県が任期付き正職員 採用試験募集要項を発表
● 忘れられた南相馬 桜井市長が講演「住民は自主判断で逃げた」
● 〈告知〉復興新規設備投資支援セミナー
● 〈告知〉放射能から子どもを守る学習交流会
12月 8日(木)
● 西口・盛南に人口集積 再生整備計画の目標上回る
● 〈大震災私記〉66 田村剛一 自宅へ戻る
● 〈肴町の天才俳人〜春又春の日記〉45 古水一雄 「梨下愁録」(第36冊)
● 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉450 C61SL列車に乗車
        ◇         ◇
● 岩大付属小でバスケの授業 ビッグブルズの2選手指導
● 厨川中「新年度は全学年で」 谷藤市長が配慮を指示
● 「市制」賛成が7割超す 滝沢村の住民アンケート
● 高速乗って「食べに来て」 NEXCO東日本でSC料理長が新メニュー
● 〈杜陵随想〉向井田郁子 私の12月8日
● 盛岡市が教育委員会から市長部局へ スポーツと文化を
● バリアフリー教室 タクシーとバスの乗務員
● 世界の絆ありがとう ワン・ワールド・フェスタ
● 澤口誠が週間MVP bjリーグ
● 〈東日本大震災〉釜石復興の火 鉄のモニュメントが再点灯(復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉達増知事、仮設に1泊 (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉「再開済み」が70%超す 大船渡商議所調査(東海新報)
● IC名称を「奥州江刺」に 関係機関に要請へ
● 冬場の節電を呼びかけ 東北経産局主催でシンポ
● ことわざは「生き物」 フォーラムでシンポジウム
● 滝沢村が取得を検討 ふるさと交流館隣接地を
● 〈男の美学〉81 長澤幹 覚悟の章〜生きる目的を持って
● 中古住宅借りて再起 高田で被災の治療院経営夫妻
● 高校生が就職面談会 生徒は減り参加企業は増える
● 県議会、工藤勝博氏、高橋但馬氏が質問に登壇
● 中三友の会の債権還付率は56・72%
● 魅力ある英語の授業を 中学校研究会
● きょうから一般質問 紫波町議会
● 〈ニュース短信〉車検時の代車そのまま返さず
12月 9日(金)
● 復活ほど遠い客足 外国人観光客、震災直後から姿消す
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1258 「虹の中から岩手山」浦辺信賢
● 〈潮風宅配便〉77 草野悟 宮古の友人たちと
● 〈胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉54 八重嶋勲 兄の元に余が言海あらなん
        ◇         ◇
● デスティネーションキャンペーンに期待 滝の広場にイルミネーション
● 和洋裁の生徒ら針供養 清養院で
● 設備投資が50%増に 県内の11年度下期
● 簡易水道設備条例など提案 滝沢村議会が招集に
● 握る絵筆に生きがい 境田憲一さんが写真展
● 夕焼けより朝焼けが好き 高橋邦枝さんが「ひとり展」
● 「青少年交流の家」存続を 滝沢村の柳村村長が会見で
● 近隣店舗の経営者も見学に コンビニ強盗対応訓練
● いわて生協と谷藤市長が懇談
● 交通遺児基金に39万円を贈る JAグループ
● 奥中山スキー場で安全祈願 10日オープンを予定
● 沿岸の子にケーキを NPOなど合同で11日に屋台村
● 5年前の感動を再び 表敬の盛岡商業サッカー部に谷藤市長
● バレーに駅伝にバトントワリングに 盛岡女子高「全国で活躍するぞ」
● コミュニケーション力が必要だ 県立大学で就業力育成シンポ
● 復興特区制度活用 推進計画は県主導で
● 日米開戦70年、悲劇は二度と
● 放射性濃度は30ベクレル台 災害廃棄物
● 〈ニュース短信〉詐欺容疑で再逮捕
12月 10日(土)
● 5年前の夢よ再び 盛商サッカー、成長続けるチーム力
● 〈大震災私記〉67 田村剛一 余震
● 〈賢治の置土産〜七つ森から溶岩流まで〉240 岡澤敏男 「対酌」(未定稿の文語詩)
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1259 「赤い宝石」北井崎昇
        ◇        ◇
● 東電の賠償金、19日に農家へ
● 復旧工事の契約事務量を懸念 県が対応を検討
● シモバシラに氷の結晶 岩手大学
● 〈東日本大震災〉釜石中生、感謝の第九 (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉復興住宅建設用地が難題(東海新報)
● 〈各地の話題〉宇宙に学び心遊ぶ5万人 (胆江日日新聞)
● 〈各地の話題〉水沢・正法寺で禅修行
● 「上手な絵」より「いい絵」を 佐々木麻里子さんが小品展
● 青春館でジャズを 鈴木牧子さんが17日に
● 〈少年少女の詩〉八幡平市長賞 はたけ山くるみ 赤ちゃん
● 従業員に呼びかけた「負けるな、闘志を燃やせ」 マイヤ社長が講演
● 地縁による団体功労 盛岡市町内会連合会の晴山さんが大臣表彰
● 観光は広域で連携を 盛岡商議所の元持会頭が盛岡市長に要望
● 希望する子には検査を 被ばくから守る会が要望
● 震災復興カレンダーを増刷
● 合宿所に石窯が完成 若者サポートステーション
● 生産数量目標を19日に協議へ 12年産米
● 盛岡市議会で一般質問 6氏が登壇
● 公務員に冬のボーナス 平均支給額は増加
● 多くは親族の元で 震災孤児93人
● 水道凍結にご注意 商店街で呼びかけ
● 飲酒運転撲滅へ商店街巡回 盛岡東署
● 及川さん「瓦礫の声」 書道研究創玄会が作品展
● まず基本から リハビリ講座
● 澤口がオールスターに選出 bjリーグ
● 「志高文芸」が優秀賞 全国高校文芸コンクール
● CO2排出 国内クレジット制度活用を
● 〈舗石の足音〉381 藤村孝一 かつの教え子から受けた電話
12月 11日(日)
● 弁当も「各駅停車」で IGRがツアー商品化へ
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1260 「冷えた朝」眞舘弘治
● 〈写真集「南部馬の里」〉33 遠藤広隆 「転倒」
● 〈大震災私記〉68 田村剛一 故郷思う人たち
          ◇       ◇
● 三陸のサケ求めにぎわい 中津川河川敷で岩手の鮭まつり
● 廃用牛滞留、年内に解消 県が見通し
● 企業が酒造りを体験 紫波町の廣田酒造で
● クマと人間の共存を 滝沢村で環境フォーラム
● 中学生がアイデア競う ロボットコンテスト
● 安本有花さんが最優秀 県小学生英語暗唱大会
● 医薬品購入費を削減し経営改善 雫石町が町診療所で
● 18リットル価格は1620円 県生協連
● 〈ニュース短信〉研修施設で女子生徒の部屋に侵入しわいせつ行為
● 木炭車で事故防止を呼びかけ
● むかし乙女の贈り物展
● ちばさなえさんが作品展 5年間の70作品展示
● 〈昭和20年代の盛岡とその後〉12 和井内和夫 盛岡駅裏の変ぼう
● 生伴奏で歌い納め 中堤町内会の「うたの会」
● 乳児院にケーキ 調理専門学校の学生たち
● 八幡平市リゾートで安全祈願祭 17日オープンを予定
● 〈東日本大震災〉復興の音鳴り響く 盛岩寺の鐘楼よみがえる(復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉復興の灯ともすモミの木 (東海新報)
● 〈岩手の馬に乾杯〉居酒屋店主 ああ、巨万の富は…
● 落差小さくても大丈夫 横回転水車で小水力発電
● 岩手の牛肉は「安全」 県が主催し試食会
● ほおずきんちゃんアイスが誕生 食用ホオズキを用いて
● 〈告知〉おとうさんと遊ぼう
● 〈告知〉スイス・ドイツ郷土料理教室
● 〈告知〉シングルマザー安心電話相談

12月 13日(火)
● 廃用牛競りが再開 価格暴落、嘆く農家
● 〈大震災私記〉69 田村剛一 赤丸とOKの家
● 〈イタリアンチロルの昼下がり〉137 及川彩子 冬の味覚・焼き栗
● 〈幸遊記〉49 照井顕 佐藤敏夫の小説より奇なり
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1261 「ああ、こういう街だったんだ」槻舘眞理子
        ◇        ◇
● 小学校適正化配置を検討へ 雫石町が来年度
● 大槌町にもエコハウス 盛岡市が被災地支援で
● メッセージツリーをもりおか復興支援センターに 大阪の桑山さんが持参
● 盛岡市議会で一般質問 防災対策などに5氏が登壇
● 推薦合格者も学力検査 県立高入試改善検討委が提言書
● 熱い星野が東北熱く 楽天監督が盛岡で意欲
● 滝沢村分2カ月で4500万円 東電への賠償請求額
● スーパーキッズも出場 県スケート大会
● 民間委託は失敗 県の花泉診療所
● ビッグブルズが4連勝飾る
● 〈ニュース短信〉玉山区の市営住宅で火事
● 先行きは「下降超」で推移 盛岡財務事務所の10〜12月期景気予測
● 行政機能を一元化へ 紫波町で新庁舎整備方針を示す
● 〈この子を残して私は死ねない〉最終回 高橋喜三郎 第6話不慮の事故4
● 女性農業委員の資質向上を目指す ポラーノの会
● 〈東日本大震災〉浜の復興、国有林も支援(東海新報)
● 〈東日本大震災〉2大ホテル完全復旧(復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉水沢競馬復活(胆江日日新聞)
● 〈各地の話題〉体長188センチのクマ仕留める (東海新報)
● 普段着の岩手の姿を写す 吉田瑞夫さんが写真集「岩手の情景」
● 〈野の花の詩〜深沢紅子油彩画集より〉7 高橋繁 七夕
● 成長、相互補完の視点を INS講演会で復興の課題探る 
● 中国江蘇省園芸集団が岩手公演 収益を義援金に
● 厨川幼稚園でクリスマス会 生誕劇など上演
● 〈栄華の系譜〉21 大内豊 伊勢三郎義盛との出会い
● 厨川中生、ろくろに挑戦 行き方講座で陶芸作家に学ぶ
● 〈告知〉もりげきライブ
● 〈告知〉こどもえんげき体験参加者募集
12月 14日(水)
● 成牛市場暴落分も東電に請求へ JAグループ対策協議会
● 〈大震災私記〉70 田村剛一 解体される家々
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1262 「イルミネーション」中山大太郎
● 〈夜空に夢見る星めぐり〉296 八木淳一郎 期待の年
● 〈口ずさむとき〉259 伊藤幸子 「忠臣蔵」
          ◇         ◇
● 盛岡八幡宮で恒例すす払い
● 矢幅駅区画整理予算など提案 矢巾町議会が招集に
● 「一本松に感謝したい」 達増知事が会見で
● 青松支援学校高等部の生徒が希望基金に寄付 バザーの益金を
● 積雪あとひと息まで 雫石スキー場リゾートエリアで祈願祭
● 菓子の周りに人は集まる 創菓工房みやざわオープンへ
● 放射能汚染の意見書を可決 県議会が閉会
● 盛岡市議会一般質問 新火葬場整備など5氏ただす
● コンテナ運搬トラック購入など予算化 雫石議会で承認
● 盛岡市内の保育園で感染性胃腸炎
● 出前授業で「蚕の一生」 盛岡農高生徒が一本木小で
● 矢巾町民劇場旗揚げ 演目は「たき姫物語」
● グルージャが感謝デーサポーターら200人集まる
● 仮設住宅周り歯科診療 巡回車が出発
● 盛岡南SCが紫波町に寄付 被災地支援に充当
● 〈東日本大震災〉中学校統合に住民「同意」(東海新報)
● 〈東日本大震災〉南極の昭和基地と交信 (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉相模原市民が商品券売上金で暖房機器(東海新報)
● 〈東日本大震災〉防潮堤に212億円予算化(東海新報)
● 〈NHK盛岡文化センターわたしの作品〉川柳で心豊かに 佐々木みち子
● 如水さん「鎮魂の松原」を披露 開運橋のジョニーに
● 歳末商戦展開中 大通・菜園で夢フェスタ
● 宮古市・赤前小で一緒にミュージカルを 劇団ゆう、児童の練習始まる
● 〈日々つれづれ〉100 三浦勲夫 赤い靴
● 弁護士ら原発へメス 市民オンブズマンフォーラム

12月 15日(木)
● 中三盛岡店、事業譲渡に向け交渉へ 東京の投資会社と
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1263 「冬を待つ山上湖」佐々木弘元
● 〈大震災私記〉71 田村剛一 海の見える家
● 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉451 旧型客車に乗車
        ◇        ◇
● 副町長置かない条例案を撤回 紫波町の藤原町長
● 〈茶席の花版画集〉69 八重樫光行 ノリウツギ
● 視覚支援学校生徒が公民館で 住民に無料マッサージ
● 盛岡市が年末相談窓口 29日から
● あすの力蓄えよう 県公会堂でうたごえ喫茶、被災者らも
● 〈杜陵随想〉伊能専太郎 視点を変える
● ナカムラユウコウさんが「コトバの展示会」
● 〈少年少女の詩〉八幡平市長賞 石川実姫 「お父さんが帰ってきた」
● ヨーロッパ中心に輸出回復 岩手阿部製粉・冷凍和菓子
● 〈消えない思い〉66 熊谷恒孝さん(享年31歳)
● アメリカの市場に参入目指せ ジェトロセミナー
● 県への直轄事業 配分は1000〜1500億
● 豊間根の生徒33人を招待 松尾中で合同ミニ運動会
● 〈男の美学〉82 長澤幹 覚悟の章〜死んだ後まで心配するな
● クリスマスコンサート 不来方高音楽部がああえびす記念館で
● 更生保護女性の会に小さな親切実行章 少年刑務所を訪問
● 〈東日本大震災〉釜石市の根浜海外に津波記念石(復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉和牛農家にエール 豪州から農水大臣(東海新報)
● 〈東日本大震災〉「こちらはさいがいFM」 陸前高田に(東海新報)
● 〈各地の話題〉仕事の知識を 宇宙実践センター(胆江日日新聞)
● 人と人とのつながりを 銭湯ライブ第2弾
● 盛岡市議会で一般質問 一問一答方式にも6人登壇
● あやとりで心を結ぶ 東アジア高校生が交流、盛岡二高で
● 年末年始の新幹線 予約は前年比97%
● 復旧可能は3割 津波で被災の沿岸農地
● 職員確保へ計画前倒しへ 滝沢村が市制移行見据えて検討
● 盛岡市議会創盛会が予算要望
● 矢巾町でゲートキーパーフォローアップ講座
● 〈告知〉盛岡市立病院の展示コーナー作品を募集
● 〈告知〉神子田朝市感謝デー

12月 16日(金)
● 盛岡駅前に4棟目のタワー型マンション 13年5月完成予定
● 〈胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉55 八重嶋勲夫 勉強するのも此の四十余日です
● 〈大震災私記〉72 田村剛一 不意の客
● 〈潮風宅配便〉78 草野悟 沿岸の「食産業振興」を応援
        ◇          ◇
● 破魔矢作りが真っ最中 盛岡八幡宮
● 年賀はがきの引き受けを開始
● 若い感性で楽しむ 岩手大学写真部が写真展
● 矢巾町の園児がデコレーション クリスマスケーキを
● 〈夢中翁がたり〉83 山田公一 縄文幻想、繋から船場バス停
● 〈東日本大震災〉「希望の一本松」が枯死(東海新報)
● 〈東日本大震災〉迅速に放射能対策を 奥州市が要望(胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉子ども内部被ばく検査に793人希望 24人の枠に(胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉北里大OBら海底清掃 恩返しで
● 〈東日本大震災〉口の中から広がる元気 大槌の女性たちがコロッケ店
● 〈東日本大震災〉地域コミュニティー維持に全力 大槌町の臼沢良一さん
● 最新の直まき技術を紹介 東北農研センターシンポジウム
● 中三盛岡店なるか再開 地元商店主らの心に「灯」
● 耕作放棄地解消に全力 館澤正吉さんに大臣賞
● 年末年始特別警戒活動スタート
● 盛岡市議OBが26万円を寄付 学び希望基金に
● 盛岡市立高の茶道部生徒 けやき荘訪問し茶会
● 〈ニュース短信〉交通事故の相手方を脅迫容疑
12月 17日(土)
● 盛岡駅西口合庁が完成 労働局や法務局など内丸から一斉に転居へ
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1264 「見詰められると赤くなっちゃう」永瀬圭寄
● 〈賢治の置土産〜七つ森から溶岩流まで〉240 岡澤敏男 第3のビールへの道程
        ◇        ◇
● 要求額は1兆1383億円 県の新年度当初予算
● クリスマスだ、音楽だ もりおか子ども病院
● 生徒71人が絵画や工芸作品 不来方高で「未来の巨匠展」
● 〈少年少女の詩〉八幡平市長賞 工藤稀凜 「さきはらい」
● 「できるだけのことを」 留学生が体験した大震災
● 「啄木没後100年に力を」 盛岡市議会で議員から指摘
● 〈舗石の足音〉382 藤村孝一 こんな悲劇が2千を超えてあったろう
● 埋め立て受け入れを再開へ いわてクリーンセンター
● カップ麺食べて治安に全力を 東署に2000個差し入れ
● 地デジカが施設を訪問
● 学び基金に50万円寄付 東銀従業員組合
● 雪不足、じっと待つ 雫石エリアスキー場
● 「被災者支援続けたい」 県立大学の学生が知事と懇談
● 困難乗り越え他の模範 矢巾町の佐藤さん、労働大臣表彰に輝く
● 城南でも計画策定委 地域協働モデル3地区そろう
● E5系を追加投入 JR東日本春のダイヤ
● 沼宮内まで運転区間を延長 IGRが来年春から
● 滝沢村12月議会が閉会
● 高田高校再建に1億円の寄付 都内の財団法人
12月 18日(日)
● 「年260万人」復活を 雫石町が観光客誘致へ本腰
● 〈大震災私記〉73 田村剛一 出さずの返信はがき
● 〈詩人のポスト〉斎藤駿一郎 「きょうね」
● 〈写真集「南部馬の里」〉34 遠藤広隆 休憩
        ◇         ◇
● 志波城に青き光 ケヤキ14本にLED点灯
● 公民館を地域へ譲与 盛岡市が議案
● 最終処分場工事費など可決 八幡平市議会
● 首都圏から「初すべり列車」第一陣 「そばっち」も出迎え
● 盛岡歴史文化館、冬場の入館者目標確保に苦戦
● 県営スケート場 氷上フェスティバルにぎわう
● 県立病院職員、公務中に16人犠牲 合同追悼式
● 北東北のうまいものいち フェザンで始まる
● 盛岡市歳末たすけあい演芸会 県民会館で
● 紫波中央駅など3駅に電飾
● 〈ニュース短信〉酒酔い運転で逮捕
● 被災地企業に発注を 東京都中小公社が盛岡で商談会
● 〈消えない思い〉67 熊谷恒孝さん(下)
● 〈杜陵随想〉佐藤洸 7時1分を…
● 年末も被災者の相談窓口 県や関係団体
● 〈小学生英語暗唱・弁論大会〉英語でコミュニケーション
● 岩手三陸復興まちづくりに向けて 公開シンポジウム
● 芸術選奨の授賞式開かれる
● 〈岩手の馬に乾杯〉居酒屋店主 私たちの口を笑みで満たそう
● 〈東日本大震災〉ラグビーW杯を釜石で(復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉地震で移動の筆界復元(東海新報)
● 〈東日本大震災〉大槌の仮設へ浄水器 盛岡西ロータリークラブ
● 〈東日本大震災〉野の花の絵はがき1万枚を児童生徒に (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉仮設の集会所にカーテン (東海新報)
● 〈告知〉NPOフリートーク
● 〈告知〉100万人のキャンドルナイト
● 〈告知〉NEXCOカレンダーをプレゼント
● 〈告知〉盛岡いのちの電話コンサート
12月 19日(月)
● 八幡地区の将来像を議論 フォーラム開く
● 〈大震災私記〉74 田村剛一 悲しき夫婦愛
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1265 「岩山の雲海」工藤六郎
● 〈幸遊記〉50 照井顕 山内賢の「風の又三郎」
        ◇        ◇
● 山口代表迎え復興懇話会 公明党県本部
● 今年最後の開運100縁商店街
● 〈東日本大震災〉一本松の復興祈念ポスト(東海新報)
● 〈東日本大震災〉農地の宅地化が加速(東海新報)
● 〈東日本大震災〉ヨルダン王女が小学校訪問(東海新報)
● 〈各地の話題〉「寿庵」の名前のササを植栽(胆江日日新聞)
● 競馬関係者が窮状を訴える 奥州市議会で
● 認知症と向き合う 緑が丘活動センターで講演会
● 被災地チームを招待して大会 バレーの山百合カップ
● 学び希望基金に147万円 北桐会が寄付
● 小学生は大釜南自治会が優勝 滝沢村民体
● 町家群の風情を残すために 盛岡市大慈寺地区でまちづくり計画
● 「若者を引き戻そう」 松園の空き家活用研究会
● 県が14地区の津波シミュレーションを公表
● 県北・沿岸振興本部が部員会議 今後の方針など話し合う
● 〈いわて和菓子列伝〉12 茶饅頭(長田屋)
● 〈雪の降る朝に〜「北斗英雄伝」異聞〉1 早坂昇龍
● 大通にちびっこジム 子ども300円、大人は無料
● 娘には負けたくない… 都南公民館で親子でケーキ作り
● 大切なメッセージを NPO復興岩手が送るケーキにラベル
● 今シーズン初めての雪かき 盛岡で2センチの積雪
● 全国から19チームが参加 カーリングのビクトリア杯
● 災害非常時用の葬祭用品寄贈 盛岡市に
● 〈ニュース短信〉自動車整備工場でスプレー缶が爆発
12月 20日(火)
● ケア機能を6階建てビルに集積 帰厚堂が矢幅駅西口に着工
● 「小中一貫教育」を全市域で 盛岡市教委が15年度までに全校を研究校指定
● 描くのが好きな3人展 ひねもすほっと茶屋
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1266 「ざわわ、ざわわ」藤村洋
        ◇        ◇
● 想定を超える規模に対応 県が地域防災計画を見直し
● 盛岡南ICに交通案イルミネーション
● 「復興第一で取り組みを」 達増知事が会見で
● リーダーの心構えとは 滝沢村子ども会児童80人が研修
● 〈昭和20年代の盛岡とその後〉13 和井内和夫 小京都と呼ばれる理由
● 被災の音楽家を励ます 盛岡更生保護女性の会
● ページェント礼拝 日詰幼稚園で
● 福祉施設の利用者が作品 みんなの手作り展
● 昔話を聞きわんこそば体験 岩手大学の留学生22人
● 外来診療室が新装 岩手医大付属病院で
● 減クルマ運動の効果を県が発表
● 火葬場使用料めぐり議論 盛岡市議会
● 総務、教育委が案件を可決 盛岡市議会
● 金正日氏死去、県内にも衝撃
● ビッグブルズ、盛岡で勝てず
● 水源ビジョン推進会議が発足 四十四田ダム
● 〈杜陵随想〉澤田鎮子 読書会
● 〈野の花の詩〜深沢紅子油彩画集より〉8 高橋繁 「九月の静物」
● 〈雪の降る朝に〜「北斗英雄伝異聞」〉2 早坂昇龍
12月 21日(水)
● がん悪性化の仕組み解明 岩手医大薬学部の寺島助教ら
● 〈大震災私記〉75 田村剛一 引き裂かれた夫婦
● 〈口ずさむとき〉260 伊藤幸子 「談志のはなし」
           ◇         ◇
● 「もっと、ずっと、元気!」 今シーズンのいわて雪まつり概要を発表
● 世界遺産登録で記念にJRが改造車両 愛称を募集
● カラオケ音楽作曲大賞に輝く 盛岡市で時計店営む加我明さん
● 那覇市から中学生17人 盛岡市で交流
● 「中央は金看板」 市場めぐって盛岡市議会で議論
● 「賞典費削減で生活限界」 岩手競馬労組が県競馬組合に要望
● 「脱原発を」と要望 いわて生活クラブが県に
● 放射能モニタリングポストを設置 県が3カ所に
● 小川彰学長が再任 岩手医大
● ゆぴあす指定管理者再指定 盛岡市議会委員会で可決
● 〈ニュース短信〉アパート工事現場で火災
● 〈東日本大震災〉奥州市で農産物を独自測定(胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉焼却灰はシートで覆って雨水と遮断(胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉釜石消防署を新築へ (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉巨大スロープが出現 (東海新報)
● 滝沢村大釜のご当地ヒーロー 特撮ビデオに
● 県営運動公園フォトコン発表 最優秀に平舘さん
● 障害者ら演奏会に招待 盛岡パイロットクラブチャリティー
● 〈栄華の系譜〉22 大内豊 梶原景時のさん言
● ホクレン農協が保育所に文具 230万円相当を寄贈
● 〈NHK盛岡文化センターわたしの作品〉和菓子教室 水沢真子
● 桜山に本格コーヒー店 店主は大学工学部卒、図書館勤務から転身
● 〈消えない思い〉68 藤原英四太さん(享年26歳)
● 〈雪の降る朝に〉3 早坂昇龍
● 〈告知〉22日からハートフルマリオス
12月 22日(木)
● 工藤玉山区長が勇退へ 盛岡市との合併に導く
● 〈大震災私記〉76 田村剛一 忠犬物語
● 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉452 C6120号試運転
● 〈肴町の天才俳人〜春又春の日記〉46 古水一雄 「通巻三十七冊」無題
        ◇        ◇
● 生産数量目標は微増 2012年産米、市町村に配分
● グルージャ盛岡、鳴尾コーチが新監督に
● TPP反対へ活動 県民会議が取り組み確認
● 〈東日本大震災〉「復興の鐘」釜石駅前に (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉戸建て持ち家66%が希望 (東海新報)
● 〈東日本大震災〉激励込めて第九を大合唱 (東海新報)
● 〈東日本大震災〉仮設入居者とがんづき作り (東海新報)
● ボランティア葛藤「どう向き合えば」 支える側の心のケアも
● 「浅野内匠頭から学べ」 岩手銀行次世代経営塾で田口常務
● 総額31億円を融資 盛岡第2合庁整備事業で岩手銀行など
● いわてDCに向けて協議 観光立県推進会議
● 〈雪の降る朝に〉4 早坂昇龍
● 課金やプロフにひそむ危険 河北小でインターネット安全教室
● 「ぐるんぱのようちえん」紹介 堀内誠一の仕事展
● 事故撲滅へメッセージ伝達 交通安全推進会議
● 〈男の美学〉83 長澤幹 覚悟の章〜死んだ後まで心配するな
● 「犯罪被害で遺族は」 吉田さん、見前中で「命」の授業
● ホールに流れる癒しの歌声 県立中央病院でコンサート
● JA共済連が小中高に映写装置
● 新華社特派員もノリノリ 岩手の観光に4カ国のジャーナリストら招待
● 呉服店の高橋屋がマニラ育英会に15万円
● 県勢は5職種で8人が入賞 技能五輪
● 〈ニュース短信〉盛岡市内の飲食店でノロウイルスによる食中毒
12月 23日(金)
● 2016岩手国体は「協働型」で 県申し入れに県体協が同意
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1267 「晩秋の森林公園」菅原一郎
● 〈潮風宅配便〉79 草野悟 山田牡蠣小屋応援
● 〈大震災私記〉77 田村剛一 悲劇を生んだ防潮堤過信
● 〈胡堂の青春はぐくんだ書簡群〜学友たちの手紙〉56 八重嶋勲 美人の絵葉書に徴兵逃れの事など…
           ◇      ◇
● 工藤玉山区長が引退 盛岡市議会であいさつ
● 災害廃棄物処分受け入れ 柳沢自治会と村が協議書締結
● ごみ減量へ目標引き上げ 盛岡市が計画改定へ作業
● マジシャンがやってきた 青雲荘へクリスマスプレゼント
● 「いわて湯雪王国」ひっそり解散
● 〈夢中翁がたり〉84 山田公一 水の街もりおか、特異な街づくり7
● ジュニアアントスFCがフットサル全国大会へ 攻めのスピードに自信
● エコツーリズム大賞で特別賞 小岩井農牧が受賞
● 宮古のカキを用いて料理を競う 盛岡で10店参加し発表会
● 〈東日本大震災〉三重から大量の支援便 (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉大船渡にも1基設置 モニタリングポスト(東海新報)
● 〈東日本大震災〉大船渡市を会場に県水泳連盟がお別れ会
● 「景気は人口が左右」 藻谷浩介氏が盛岡で講演
● 冬場の発着場所に課題 ドクターヘリ準備会で委員から指
● MOSSビルが創館5周年 各店で独自サービス展開
● 地域商業活性化補助金、盛岡市内3団体が採択に
● イチゴからは不検出 放射性物質
● 〈雪の降る朝に〉5 早坂昇龍
● 県老人クラブ連合会が県と県社協に1000万円 義援金
● 盛岡市内の小学校で終業式 心はスキーへ
● ドイツの生徒が街頭募金 雫石町国際交流協会に200万円届く
● 次世代自販機お目見え 盛岡駅に北東北初
● 小学生サンタが交通安全をお願い 矢巾町で
● 当局提出の24案件をすべて可決 盛岡市議会が閉会
● 〈ニュース短信〉盛岡市内の児童養護施設で感染性胃腸炎
12月 24日(土)
● ハートな夜を 盛岡駅前通りにイルミネーション
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1268「園児たち」萩原清章
● 〈賢治の置土産〉242 岡澤敏男 ビールと一体化した賢治
● 〈昆虫パワーをあなたにも〉16 鈴木幸一 カイコの冬虫夏草物語(中)
         ◇        ◇
● 盛岡市の観光客数は2%増加 復興関係者の滞在で
● 神子田朝市で感謝デー
● 県北部中心にまとまった雪 雫石で25センチ
● 仮設の高齢者らにプレゼント 県社協など取り組み
● 20011年の思いを込めて 戸田忠祐さんが水彩画展
● 息長く咲き続ける花を プリザーブド展
● 山賀橋を上部工工事へ 13年3月完成予定
● 来年は国際協同組合年 JAや生協連などが実行委
● 事業復興で雇用するなら1億まで助成 フェーズ3展開へ
● 先導者への配慮を 風力発電団体などが声明発表
● 〈杜陵随想〉吉田富栄 復興は岩手県民の歌で
● 〈年末年始、お薦めの劇場映画〉12本紹介
● イオンが自転車専門店 盛岡駅前北通りに
● 県職員目指す若者に期待 県庁オープンセミナーで知事呼びかけ
● 〈舗石の足音〉383 藤村孝一 財産はこのように使うべきである
● 「ちょっと困った」そんなとき… 民間サービス大忙し
● 障害者へ菓子やグッズの贈り物 矢巾町の住職
● 鎮魂の思い込め 県立美術館でキャンドルナイト
● 岩手大学留学生「もちつき大好き」 市民と交流
● ケーキ作りは未明まで イブ前夜大忙し
● 岩手滴仙会が第7回書展 会員20人が出品
● 建物内の煙体験も 青山地区で火災避難訓練
● 「冬型」で列車ダイヤにも乱れ
● 〈ニュース短信〉ナイフ所持の男を逮捕
12月 25日(日)
● ゲレンデに待望の雪 スキー場一斉にオープン
● 〈写真集「南部馬の里」〉35 遠藤広隆 雫石の競り
● 〈大震災私記〉78 田村剛一 
● 〈詩人のポスト〉糠塚玲 杉の木
        ◇          ◇
● 乳幼児医療費助成制度 窓口無料化求める声
● 「妖精の舞」 女子新体操が公開演技
● 私たちがIMA在ること 県立美術館で企画展
● 家庭できるカット法 プロの美容師さんに学ぶ
● 天に昇れと思い込め 紫波町のサークルが龍の木目込み人形
● 〈岩手の馬に乾杯〉居酒屋店主 おお!イサオ登場だ
● 〈東日本大震災〉復興の街の風景を提案 (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉今泉復興の会が発足 吉田家住宅の再建目指す(東海新報)
● 〈東日本大震災〉若者たちが意見交換 (東海新報)
● 〈東日本大震災〉大船渡屋台村がオープン (東海新報)
● 県内中高生アスリートの「あの日」と「これから」 「他人への感謝学んだ」
● 葉タバコ廃作増加 県が転作を奨励
● 〈杜陵随想〉石井實 錯覚
● 「教育相談してほしい」生徒は2万人 県教委調査
● 感謝と元気を届けたい 岩手大学アカペラサークル
● 小雪舞うホワイトイブ クリスマス商戦盛り上げる
● 総額3・8兆円の復興費  12年度予算案を閣議決定
● ハートフルなクリスマスを 被災者招待しオカリナ演奏
● クライバー選手と契約締結 ビッグブルズ
● 〈告知〉南昌山元旦登山を実施
● 〈告知〉岩手の民謡を訪ねて
12月 26日(月)
● 街にクリスマスの音楽 肴町商店街をラッパ隊が行く
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1269「残果」北井崎昇
● 〈幸遊記〉51 照井顕 千昌夫の「君が好き」
        ◇       ◇
● 〈茶席の花版画集〉最終回 八重樫光行 彼岸花
● もりおか八幡かいわいまちづくりの会 来年3月に大規模イベント
● 盛岡は2日連続の真冬日
● 「自分のための絵を」と発起 大沢和江さんが作品展
● 〈野の花の詩〉9 高橋繁 立つ人
● ゆく年くる年飾ろう作品展 クリンゲンバウムで
● 〈雪の降る朝に〉6 早坂昇龍
● 地域に古代伝承あり 加藤美南子さんが「だんぶり長者の遺産」発刊
● 〈昭和20年代の盛岡とその後〉14 和井内和夫 大盛岡構想
● データDV許されない 予防啓発ユースリーダーが出前講座発表会
● 「ありがとうの手紙」朗読と歌のコンサート 滝沢ふるさと交流館で
● 正月はたこ揚げを 志波城古代公園で子どもたちが製作
● 健康願い画廊納め 美術家らがもちつき
● 〈ニュース短信〉凍結路で自転車のお年寄りが転倒、頭の骨折る
● 盛岡市立高が優良賞 東北地区高校演劇
● 浜千鳥募集の「希望の標語」で金賞 盛岡市の熊谷正喜さん
● 〈告知〉鞍掛山の雪の世界を楽しもう
● 〈告知〉三陸鉄道が初日の出号
12月 27日(火)
● 盛岡広域8市町村、ごみ共同処理で首長の意見分かれる
● 〈大震災私記〉79 田村剛一 80段の階段
● 〈イタリアンチロルの昼下がり〉138 及川彩子 縁起物あれこれ
        ◇          ◇
● 下ノ橋教会に鎮魂の歌声 関西学院大学
● 復興特区プロジェクトチーム、県が庁内に設置
● 来年3月11日に追悼行事を 盛岡広域首長会議で
● 〈東日本大震災〉環境未来都市構想に指定 (東海新報)
● 〈東日本大震災〉「復興イチゴ」を収穫 (東海新報)
● 〈東日本大震災〉奥州市、震災義援金使い果たす (胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉障害者の仮事業所完成、作業スタート(復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉子どもまちづくりクラブが意見書(東海新報)
● 復興の願いを共同作品に 特別支援学校が作品展
● 〈雪の降る朝に〉7 早坂昇龍
● オペレッタ「宝島」を熱演 子ども音楽クラブドレミバルーンが記念公演
● 〈栄華の系譜〉23 大内豊 南部光行公の「なぞ」
● 五嶋みどりさんが無料公演 来年7月に中尊寺本堂で
● 盛岡からも参加しミニ門松作り 県民の森学習館で
● 男女19チームが熱戦 ミニバス新人大会
● 復興祈念芸術クリスマス展 県民会館で
● 「関取を目指したい」 盛岡農の工藤君が名門の佐渡ケ獄部屋へ
● そり遊びの小6が車にひかれ死亡 市道に飛び出す
● 在宅被災者の把握進まず 支援連絡会議で意見交換
● 年頭訓示は釜石で 達増知事が4日
● 矢巾町の託児施設グランマが義援金 本社に託す
● 小沢氏が被災地へ 3日に
● 盛岡でマイナス8.6度 
● ビッグブルズが6勝目
● 〈ニュース短信〉傷害容疑で大学生逮捕
12月 28日(水)
● 明治橋大沢川原線、大通工区が部分供用 北進2車線の通行確保
● 「絶対また戻ってきます」 かわいキャンプ年内の活動終える
● 産業人育成へ提言 いわて産業人材育成会議
● 〈口ずさむとき〉261 伊藤幸子 「お大師さまの日」
● 〈大震災私記〉80 田村剛一 失われた景観1
        ◇          ◇
● 2016年国体の開催に同意 県教委
● 県立高校入試改善で要望書提出 岩教組と高教組
● 〈東日本大震災〉松原再生へ一歩 (東海新報)
● 〈東日本大震災〉一本松をライトアップ(東海新報)
● 〈東日本大震災〉復興資材を供給へ 太平洋セメント大船渡工場(東海新報 )
● 〈各地の話題〉世界遺産「平泉」が後押し 史跡巡回バス乗客数増加(胆江日日新聞)
● 〈NHK盛岡文化センターわたしの作品〉帽子を作る 菊池
● 盛岡藩洋学事始め 「大島高任・八角高遠と日新堂」展
● 松尾コミセンが完成 八幡平市で
● 〈日々つれづれ〉101 三浦勲夫 鉄道員
● 〈雪の降る朝に〉8 早坂昇龍
● 復興の街、希望する暮らし 山田町と陸前高田市の児童が知事に意見書
● 高校の女子新体操部が練習公開 紫波町のあづまね大学で
● 酒店2階で復興祈念コンサート 八幡平市で
● 〈夢中翁がたり〉85 山田公一 父山田勲の瀬川安五郎探訪記
● 社会福祉事業再建へ支援を 自治労県本部が要望
● 東京信用金庫が本県に義援金 盛岡信金が仲介
● 中野小で緊急に全校集会 事故の経緯説明し、生活指導
● 45社と学生240人が面談 岩手大学工学部で就職面接会
● 公募住民がまちづくり計画 たきざわ未来創造会議が発足
● 370ベクレルの放射線検出 陸前高田のシカから
● 局所的に高い場所はなし 県教委の放射線量調査
● 〈ニュース短信〉新幹線のポイントに着氷で遅れ
12月 29日(木)
● 盛岡市内に3店舗目のマックスバリュ 来年8月、中屋敷町に
● 〈大震災私記〉81 田村剛一 失われた風景2
● 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉453 C6120号機試運転
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1270「岩手山」中山大太郎
● 〈夜空に夢見る星めぐり〉297 八木淳一郎 行く年来る年
        ◇        ◇
● 〈記者の見たこの1年〉番号付けた取材ノート
● 〈記者の見たこの1年〉不忘の戒め新たに
● 〈記者の見たこの1年〉寄り添う気持ちを
● 全国平均に0.02ポイントに迫る 11月の県内求人倍率
● 今年はついに直径75センチ 岩手中央農協の寄贈鏡餅
● 官公庁で仕事納め 滝沢村で柳村村長が訓示
● 3、4区の支部長を全国公募 自民党県連
● 交流の場として浸透 もりおか復興支援センター、年内の活動終える
● セラピーグループが販売会 久慈市社協を支援
● 過去最大2479億円に 公共土木施設被害
● 帰省ラッシュはきょうからか 東北新幹線
● 〈ニュース短信〉酒気帯びで車を運転
● 唐たけし寫場が復活 昭和のにぎわい再び
● 〈雪の降る朝に〉9 早坂昇龍
● 〈東日本大震災〉釜石市議会が復興計画案を承認 避難前提に多重防御(復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉炉端を囲んで交流 (東海新報)
● 〈東日本大震災〉鶏ハラミ味わって (東海新報)
● 探求心へ刺激満点 少年少女発明クラブが県工業技術センターを見学
● 計器接続位置誤る 東北電力で91件
● 矢巾町の中高生が防犯パトロール
● 〈男の美学〉84 長澤幹 覚悟の章〜ある医学者のつぶやき
● 〈杜陵随想〉高橋龍児 トロロご飯の人情
● 委員長に菅原岩手大学副学長を選出 食の安全安心委員会
● 八百屋さんの店頭にぎわう 葉物やイチゴは値上がり
● 〈消えない思い〉69 平井英路さん(享年28歳)
● グランドデザインを 不動産関連NPOが提言
● 210億円を市町村へ 県の復興基金
● 2社の私募債を発行 岩手銀行
● 法的支援措置法求めて声明 岩手弁護士会
● 〈告知〉まきば園で正月イベント 2日から
● 〈告知〉手づくり村でお正月フェア
12月 30日(金)
● 東北新幹線や高速道 帰省ラッシュ始まる 
● 〈大震災私記〉82 田村剛一 失われた風景3
● 〈潮風宅配便〉80 草野悟 うれしい応援TOTOさん
● 〈胡堂の青春育んだ書簡群〜学友たちの手紙〉56 八重嶋勲夫 面白い小説でもあらバ
          ◇        ◇
● 被災医療機関の88%が再開 3次補正で本復旧を支援
● おせち料理作り大忙し 盛岡市内の料亭で
● 復興支える取り組みに重点を 県総合計画審議会で
● 〈各地の話題〉関東自工、岩手工場で「アクア」生産開始 (胆江日日新聞)
● 〈東日本大震災〉「?ん兵衛横丁」復活後押し (復興釜石新聞)
● 〈東日本大震災〉軽トラ市など好評 陸前高田チーム・クレッシェンド(東海新報)
● 〈東日本大震災〉定盤商品の出荷再開 酔仙酒造 (東海新報)
● 「おいしい年越し」品定め にぎわう小売店
● 〈記者の見たこの1年〉スポーツには力がある
● 〈記者の見たこの1年〉忘れられない二つの瞳
● 〈記者の見たこの1年〉共通の思いは怒り
● 元日に配達するために 年賀はがき仕分け作業大忙し
● 高校サッカー 盛岡商、あす近大付と
● 夜間急患診療所は無休で対応 盛岡市年末年始の業務
● 多くの出会いに成長実感 盛岡中央高で留学生徒が報告会
● 忙しいときほど注意を 盛岡消防本部が特別査察
● 冬のそろばん合宿 20人が2泊3日で猛特訓
● コンビニ巡回し防犯指導 盛岡西隊第7班
● 〈雪の降る朝に〉10 早坂昇龍
● 盛岡市に震災と予算の要望 共産党市議団
● 「心の不調」社員が震災後増加 企業の4割がケアの対策
● 県酒造組合グループも採択 国の補助事業で311億円
● 〈消えない思い〉70 平井英路さん(続)
● 県保健医療計画を見直しへ 基本的方向など諮問
● 〈告知〉奥山仙台市長を招き復興会議
12月 31日(土)
● 初売りに期待を込めて 盛岡市内の商店街や大型店
● 〈大震災私記〉83 田村剛一 失われた風景4
● 〈もりおかデジカメ散歩〉1271 「復興の兆し」吉田瑞夫
● 〈賢治の置土産〉243 岡澤敏男 藁(わら)のオムレツと藁酒
        ◇       ◇
● 矢巾町が放射能測定器を購入へ
● お供え2千個、作業追い込み 盛岡市内のもち店
● 被災地に復興住宅 釜石皮切りに整備本格化へ
● 〈NHK盛岡文化センターわたしの作品〉油絵入門 菊池義男
● 昇龍の勢いで復興を 桜山神社にお目見え
● 〈舗石の足音〉384 藤村孝一 新聞の皇室報道における敬語
● 水墨画で迫力の闘牛 菜園の婦人靴専門店に掲示
● 最下位脱出、年内ならず ブッグブルズ
● 〈岩手の馬に乾杯〉居酒屋店主 無病息災であること
● 〈東日本大震災〉復興推進地域の素案を作成 陸前高田市(東海新報)
● 〈各地の話題〉オオコノハヅクを保護 (東海新報)
● 復興セットを全国へ 釜石農水産加工組合 (復興釜石新聞)
● 〈杜陵随想〉金野清人 ボランティア
● 女性委員もっと登用を 盛岡市審議会
● ハートフルバザール アネックスカワトクで
● 投機目的買い占め 沿岸部で確認されず
● 〈私が愛した男たち〉2 佐々木市子 「西城秀樹」
● 〈記者の見たこの1年〉人格と器が経営を左右する
● 〈記者の見たこの1年〉庭園アートとの出会い
● 〈記者の見たこの1年〉被災地と結ぶ記事を
● 1日に3回そば打ち 年越しそば
● 福袋詰め作業にてんてこまい
● 正月の天気は回復見込み
● 黒沢尻工業が3回戦進出 全国高校ラグビー
● やまびこ63号が乗車率150% 東北新幹線混雑
● 〈ニュース短信〉民家敷地内で包丁を所持
● 「胡堂が愛した音楽家たち」 あらえびす記念館で
● 〈アートは元気の素〉10 えいこ・いのうえ アンデルセン
● 津波と向き合い仕上げる かたつむり展で菅原恭子さん
● 〈告知〉5日から体験教室スタート 子ども科学館
● 〈告知〉4日にりゅう座流星群観察会
● 〈告知〉盛岡市遺跡の学び館個人体験学習会
● 〈告知〉滝沢村埋蔵文化財センター冬のわくわく体験
● 〈告知〉FCガンジュ岩手映画クラシコ上映会

2011年11月へ