2009年 3月 3日 (火)

       

■ ユニクロがイオン盛岡南に出店へ サンデー跡に県内最大規模で

     
  ユニクロの新店舗が入るイオン盛岡南SC(ショッピングセンター)の旧ホームシティ盛岡南店側  
 
ユニクロの新店舗が入るイオン盛岡南SC(ショッピングセンター)の旧ホームシティ盛岡南店側
 
  盛岡市本宮のイオン盛岡南SC(ショッピングセンター)1階に5月下旬、ファーストリテイリング(本社山口市、柳井正代表取締役会長兼社長)の県内最大規模のユニクロ新店舗がオープンする。2月22日に閉店した旧ホームシティ盛岡南店(サンデー経営)のペットコーナー以外の約3500平方メートル以下を使用する予定。ユニクロ導入で、同SCの集客アップを図る。

  ユニクロは県内に7店舗。そのうち3店は盛岡市内(アネックスカワトク店、盛岡インター店、盛岡都南店)にある。

  同SC運営会社イオンリテール(本社千葉市、村井正平社長)の東北カンパニー広報担当者は「各地のイオンSCではユニクロにテナントとして入居してもらっている。盛岡南SCの客層を考えたとき、若い層を取り込んでいるユニクロが適していると判断し、アプローチした。ユニクロ1店舗が入るが、規模も県内一のようで一層の集客が期待される。5月下旬のオープン予定」とユニクロ導入についてコメントした。

  ユニクロは国内に745店あり、防寒用の新商材ヒートテックなどがヒットし、1月度売上高は前年度比109・1%と景気低迷の中にあって順調に展開している。

  ファーストリテイリング広報では「ユニクロの標準タイプの店舗は1千から1200平方メートル。

  今回は当店の大型店との位置付けで、岩手県内では一番大きな規模。東北の中でも大きな店舗の一つとなろう。大型店向けの商材も並べる」と大型店として出店する計画。

  新店舗では50人ほどがスタッフとして働く模様。同広報では「多くを地元で採用することを考えている。店舗レイアウトなども含めこれから詰める」と話している。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします