2009年 3月 4日 (水)

       

■ 小沢代表第1秘書が逮捕 県内政界に激震走る

     
  報道陣の取材に応じる達増知事(3日午後6時30分ごろ、県議会棟で)  
 
報道陣の取材に応じる達増知事
(3日午後6時30分ごろ、県議会棟で)
 
  小沢一郎民主党代表の公設第1秘書が3日、東京地検特捜部に政治資金規正法違反容疑で逮捕され、開会中の県議会にも情報が広まった。民主党以外の政党関係者からは説明責任を求める声が一様に上がり、本会議では西松建設が関係する政治団体から民主党県連への寄付も一般質問で取り上げられた。突然の激震だった。

  逮捕されたのは本会議で一般質問が行われている最中だった。会議後に本会議場を出てきた民主党県連幹事長の佐々木順一県議は「全体を把握する立場にないので確かなことは分からない。伝えられていることが事実であるとすれば残念だ。事態の推移を見守りたい」と、表情硬く語った。

  「県連として今後、取らなければならないことが起きた場合はその都度、適切な対応をしていきたい」とし、県連にも当該団体から寄付があったことについては、まだ確認作業をしていないと断った上で「正確には全体を把握している状況ではないが、政治資金規正法にのっとって選挙管理委員会に提出しているので、会計処理は適切になされたと思っている」と話している。

  自民党県連幹事長の千葉伝県議は「前からの(捜査に関係する)情報で、やっぱりと思った」が「公党の代表である小沢一郎国会議員の政治団体が政治資金規正法違反の疑いをかけられていることは誠に遺憾なこと」と受け止める。

  「現時点では捜査の行方を見守りたいが、側近の公設秘書が逮捕されたことから、本人や関係団体は国民、県民の政治不信を招かぬよう事実関係を明らかにすべき」と説明責任を求めている。

  国政与党の公明党の県本部代表・小野寺好県議も「政治家自身がえりを正さなければならないと法律改正を何度もやってきていながら、こういった容疑で検挙されるのは情けない」と話す。

  今後は責任問題になるとの見通しを示し「代表はやっていられないだろう。代表であり、きのうきょう議員になった人ではないから、秘書のやったことですでは済まない。しっかり釈明を求めたい」と説明責任を果たすよう求めている。

  共産党の斉藤信県議は、県議会一般質問で西松建設の関係団体から民主党県連への寄付問題を取り上げたが、捜索、逮捕を知ったのは質問が終わってから。「西松建設の裏金問題で一番、献金をもらっていたのは政治家としては小沢氏。ましてやそれは裏金。そのかかわりで民主党県連も達増知事が代表の時にももらっていた。異常な癒着だ。なるべくしてなった結果ではないか」と批判。

  「県政への影響も出てくるのではないか」として民主党県連への寄付については「県議会で返還すべきだと言ったのでそれ以上はないが、疑惑を民主党県連と達増知事が釈明すべき。責任者だった知事が回答しないのはおかしい」と、達増知事の回答を無責任と断じた。

  国政で野党共闘を組み政権交代を目指す社民党。県連合組織局長の久保孝喜県議は「政党機関紙の中でキャンペーンをやっていて、ゼネコンから政治団体への不明朗な献金実態を流れとして承知していたが、いきなり逮捕されるとは思わなかった。説明責任は献金を受けた側もきちんと果たしていかなければならない」と、やはり説明責任を問う。

  「野党第1党の党首で、政治的インパクトは大変大きいのではないか。一にも二にもどういう説明責任を果たせるかにかかっている。天下分け目の決戦前で、民主党内の説明とともに、野党共闘からいえば、他党にも何らかの説明や釈明があるべきだ」と話した。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします