2009年 3月 28日 (土)

       

■ 「PAC3」本県へ配備 北朝鮮のミサイルに迎撃態勢

     
  PAC3が配備される滝沢村の陸上自衛隊岩手駐屯地  
 
PAC3が配備される滝沢村の陸上自衛隊岩手駐屯地
 
  北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射準備を受けて27日、国の安保会議で自衛隊法に基づく弾道ミサイル破壊措置行動が発令された。航空自衛隊の地対空ミサイル「PAC3」が滝沢村の陸上自衛隊岩手駐屯地に配備され、国内に落下してきた際の迎撃態勢に入る。テポドンで人工衛星が打ち上げられるが、飛行中に不具合が生じた場合は国内に落下する可能性がある。岩手、秋田上空がテポドンの航路にあたることから、万一の際に盛岡市など県内を防衛するため、防衛相が破壊措置に関する命令を出した。北朝鮮は4月4〜8日までの発射を予告している。

 政府の見解によると、テポドンが不具合なく打ち上げられた場合、ロケットの1段目が日本海上に設定された危険区域に、2段目が太平洋上に設定された危険区域に落下する。打ち上げが失敗した場合、1段目の切り離し以前に不具合が発生するようなケースでは日本まで届かず影響はない。2段目が燃焼開始すれば領空上を越えて飛行するが、故障などにより燃焼が止まれば、一部が日本国内に落下する可能性が出てくる。その際に迎撃する。

  同日は陸上自衛隊岩手駐屯地の熊谷文秀司令が県庁に達増知事を訪れ、対応を説明した。説明後、熊谷司令は報道陣に「安保会議が行われ、弾道ミサイル破壊措置行動命令が出たので内容と対応を説明した。岩手県には航空自衛隊のPAC3が岩手駐屯地、岩手山演習場に配備される。万一の対応要領を説明した。イージス艦のSM−3で対応し、そのあと内陸に来たらPAC3で対応する。情報の連絡体制を取っていこうとお願いした」と話した。

  県内に被害が生じる可能性については「一概には言えないが、万一落ちてきたら迎撃するよう展開する。破片が飛んでくることはあり得る。自衛隊としては万一の場合、飛散物の被害を少なくするべく最大限、努力しているので理解たまわりたい」と話した。

  PAC3の配備については「時期についてはわれわれも聞いていないので控えたい。航空自衛隊にかかることなので」と話し、明言しなかった。

  テポドンについては「2段目か別の物か分からないが、落ちてきたらそれに対応する」と話した。SM−3は艦対空ミサイル。PAC3はペトリオットミサイルで、自衛隊の弾道ミサイル防衛システムの主力。航空自衛隊浜松基地から本県に移動する。

  説明のあと達増知事は「防衛大臣から破壊措置命令が出されたので内容を説明された」と述べた。98年にテポドンが三陸沖に落下した際と比較して、「10年前にテポドンが通過したときと比べると国も県も事前にしっかりした準備態勢を取れている。それぞれ4月初めの仕事や生活が忙しいときだが。連絡体制を強化し、万一の場合の対応は普段から災害対策や防災でやっているように」と述べ、危機管理に万全を期す方針を示した。

  県は同日、庁内の13部局を集めて対策会議を開いた。県総合防災室の越野修三防災危機管理監は「わが国に落ちる可能性はかなり低いがPAC3の迎撃が失敗したとき、例えば山中に落ちたとき、盛岡近辺に落ちて人的被害が出たり、家屋に被害や火災が発生したときどうするか。山中や人的被害がないときは総合防災室で本部を作り、人的、家屋の被害が生じたときは全庁挙げて対応する」と話した。4月3日に関係機関との連絡室を設置する。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします