2009年 4月 2日 (木)

       

■ 〈北Gのライブトーク〉81 北島貞紀 最近買ったCD

復古版CDや輸入版、そして中古品の流通によって、CDが気軽に買えるようになった。

  もう新しいものにはあまり興味がなく、昔よく聴いたアルバムやアーティストのものを選んでいる。レコードで持っているものもあるが、プレイヤーがないので買ったものもある。

  「ダニー・ハサウェイ/ライブ」これはR&B史上の名盤中の名盤である。特に1曲目の「ワッツ ゴーイング オン」は、鳥肌が立つ。1971年のニューヨークでのライブ録音。

  昔、カセットテープに録音して持っていたが、中古店で見つけて小躍りして買った。

  「ブランチ タイム ジャズ」ジャズ名盤の寄せ集め企画シリーズ。最初は、いいとこ取りの邪道だと思ったが、いいところばっかりとっているから耳に心地よい。価格も千円とお手軽である。

  「ソニー・ロリンズ/オレオ」いまさらである。でもやっぱりロリンズはすごい。1959年の録音。彼がもっともノッテいたころの演奏で、ピアノレスだが、音の密度は充足されている。

  「101 ピアノ クラッシック」なんと6枚組のCDである。そしてすべてピアノの名曲集である。実際には102曲が収録されており、価格がなんと2千円、しかも新品。一体どうなっているんだろうね。

  「ハチャトリアン/マスカレード組曲」浅田真央ちゃんのフリーで使われている「仮面舞踏会」である。何かが始まる予感をさせるこの曲は、とても真央ちゃんのスケートにあっていると思う。ショップでマスカレードを捜していたら「浅田舞&真央 スケーティングミュージック」というのもあったが、あまりにもミーハーなのでこちらを選んだ。どうせならあっちの方が良かったかと、ちょっと後悔している。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします