2009年 4月 17日 (金)

       

■ 石割桜が満開に 観光客大喜び

     
  多くの市民や観光客が花見を楽しむ盛岡地方裁判所前の石割桜  
 
多くの市民や観光客が花見を楽しむ盛岡地方裁判所前の石割桜
 
  盛岡地方裁判所前の国の天然記念物「石割桜」は16日、満開となり見ごろを迎えている。満開を一目見ようと訪れた観光客や市民らを喜ばせている。前日はあいにくの冷たい雨。その雨が恵みとなり一気に満開へといざなった。昨年も16日に満開を迎えた。

  この日は気圧の谷が去ったことで正午ごろから快晴に。盛岡は最高気温11・6度と前日に比べ3・7度下がり4月上旬並みだった。肌寒い風が吹き付けるのもなんのその。石割桜は暖かい日差しを受け、細い枝先にいっぱいの花を咲かせた。

  観光客らは石割桜を背景に記念撮影、思い出をカメラに収めていた。

  東京から昨年転勤してきた盛岡市の主婦石塚公子さん(38)は「東京にいたころから知っていたので、いつか見たいと思っていた。昨年も感動したが、今年もりっぱに咲いてくれた」と感激。長女の花(はな)ちゃん(4)は「石から割れて出てきているのと、かたまって咲いているのが不思議。面白いけど、きれい」とはしゃいでいた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします