2009年 7月 17日 (金)

       

■ 来春から民間委託を検討 都南学校給食センター

 盛岡市教委は都南学校給食センターの調理業務などを来年4月から民間に委託することを検討している。市の行財政構造改革基本方針に基づく、行政のスリム化と財政運営の効率化の一環。24日まで市民の意見を募っている。寄せられた意見や有識者、PTAなどで構成する学校給食検討会の意向を参考に最終決定したいとしている。

  都南学校給食センターは都南地域の小学校8校、中学校4校に約4600食を提供している。新たに民間委託を検討しているのは副食の調理業務と食器洗浄、調理場の清掃、ボイラー管理業務など。献立作成や食材の選定・発注、委託業務完了後の点検は、これまで通り、センターの栄養教諭や職員が担当する。主食(ご飯、パン)の提供と給食運搬・食器回収は既に民間委託されている。

  業務が委託された場合、現在、臨時調理員を含め27人いるセンター職員が5人に減る見通し。

  同市では都南地区と玉山地区が共同調理場方式で給食を提供している。既に調理業務などを民間委託している玉山学校給食センターは安全性が担保された上で経費削減が図られており、都南学校給食センターでも調理業務の委託が可能と判断したという。

  委託業者は、市の競争入札参加資格者名簿に記載されている業者から、ほかの学校共同調理場での実績、安全衛生管理体制、栄養士資格者など従事者の配置、教育・研修体制、危機管理体制などの業務計画書、参考見積価格を提出してもらい選定するとしている。

  民間委託に関する質問や意見は応募フォーム、電子メール、ファクス、手紙で受け付ける。住所、氏名、電話番号を明記。意見・質問票は市教委のホームページからダウンロードできる。

  問い合わせは盛岡市教育委員会学務教職員課学校給食係(電話019|639|9044、ファクス019|637|8193)へ。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします