2009年 7月 22日 (水)

       

■ 衆議院が解散 総選挙は8月18日公示、30日投開票

 衆議院は21日の本会議で解散された。その後の臨時閣議で総選挙の日程を8月18日公示、同30日投票と決めた。解散から投票日まで最長の40日間となるが、立候補予定者の陣営は既に麻生総理の解散予告で臨戦態勢に入っており、事実上の選挙戦は始まっている。05年9月のいわゆる郵政選挙以来4年ぶりとなる衆院選は、政権選択選挙として自民、民主を軸に政党がぶつかる。県内の主要政党は「いよいよ」「ようやく」などとさまざまな思いで解散を受けとめ、夏の陣へ走り出す。

  国政に民意を投じるのは補選を除いて07年7月の参院通常選挙以来。参議院で自公の与党が過半数を割り、衆参ねじれ国会となってから、衆院選は行われてこなかった。今選挙は自民と民主を中心とした政権をかけた政治決戦で、自公の政権維持か民主中心の新しい政権かの政権選択が最大の焦点となる。

  与党にとっては強い逆風を受けながらの解散となった一方、野党の民主は地方選挙連勝の余勢を駆って政治決戦へ臨む。都議選では民主の躍進に埋没した形の共産や社民などは、自民でも民主でもない政党の意義を訴えていく。

  選挙日程の正式決定により、臨戦態勢に入っている県内各党、陣営は本格的に走り出す。最長の40日となったことから、この日程を選勢に有利とするため、戦略を立て戦っていくことになる。

  自民党県連の千葉伝幹事長は「現在わが党に対する逆風が強まっているが、その逆風を吹き飛ばす勢いで頑張る覚悟だ。この選挙をわが党の存亡をかけた政治決戦と位置付け、挙党一致、一丸となって全選挙区の勝利を目指し全力で戦う」と決意を示す。

  「政権与党として麻生総理の掲げる経済危機対策、景気対策、雇用対策を推進し、国民・県民の生活をしっかり支えることを訴え、民主党の政策の大部分が財政の裏付けのない無責任なものであることとの違いや、民主党党首が続けて政治資金規正法に問われていることなど、政権担当能力のあるのはわが党であることを明確に示したい」としている。

  公明党県本部の小野寺好代表は「前回選からほぼ4年になり、世界の政治や経済はもちろん、日本の社会経済状況も大きく変化した今日、国民の期待に応え得る政権の樹立が求められている。政権担当能力の有無を厳格に問われるのが今回の衆院選」と、責任ある政権与党の姿勢を強調。

  県内は比例での戦いになるが「清潔政治を実現、命を守る政治、人をはぐくむ政治、緑の産業革命を4つの重点政策に掲げ厳しい選挙戦を戦い抜く。東北比例ブロックで2議席獲得を目指す」と決意を示している。

  民主党県連の工藤堅太郎代表は「党内政局丸出し、政党の体をなしていない自民党と国民の信を得ていない麻生政権の生き残りをかけた解散・総選挙。権力を維持することのみに奔走し地方の悲痛な声を無視し続けてきた4年間の政権運営に対する怒りを結集し、県内4小選挙区の完全勝利を目指す」と自民党を批判し勝利への意欲に燃える。

  「特にも2区は旧体制と決別する象徴的な選挙区であり、ここで勝利を収めなければ政権交代はあり得ない。国民の生活が第一の政治を確立するため、マニフェストを掲げ堂々と政策論争を挑み、岩手の改革勢力を総結集し、必ず政権交代を実現させる」とコメントした。

  共産党県委員会の菅原則勝委員長は「いよいよ衆議院が解散し、待ちに待った総選挙となった。自公政権は国民の安心と希望を奪った。百害あって一利なしの政権であった。共産党の前進で自公政権を退場に追い込む決定的な審判を下し、新しい日本の進路の選択に踏み出すために全力を尽くす決意だ」と決意を語る。

  「自公政治の根本を突き正面から闘い続けた党、国民の利益に立って建設的野党として役割を果たす党の共産党が前進することこそ、国民の願いにかなう新しい日本の道を開く最大の力であることを大いに訴え全力を挙げる」構えだ。

  社民党県連合の伊沢昌弘幹事長は「任期満了直前の解散に何の意味があるのだろうか。わが党は早期の解散・総選挙の実施を求めてきたことから、遅すぎた解散といわざるを得ない」と、国民の信を問う機会を先延ばししてきた麻生総理や与党の姿勢を批判する。

  その上で「政治は何に光を当てようとしているのかだ。わが党は、生活再建を中心テーマに掲げ、政権交代の一翼を担うとともに平和で豊かな福祉社会の実現を目指し奮闘する」と戦いへ士気を高めている。

  衆議院は定数480で、小選挙区300、比例代表180。県内小選挙区は1区が自民、民主、共産、社民、幸福実現の5党から5人、2区は自民と民主、幸福実現から3人、3区は自民と民主、幸福実現から3人の出馬が確定的。4区は自民と社民、共産、幸福実現が予定者4人を決めており、民主も間もなく小沢一郎元代表の出馬選挙区が決まる見通し。小選挙区には16人の出馬が見込まれる。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします