2009年 7月 30日 (木)

       

■ 盛岡商議所が10月に地域振興券 10%プレミアで総額3億3000万円

 盛岡商工会議所(永野勝美会頭)は10月1日に、盛岡地域振興券・SANSA(仮称)を発売する。使用可能事業所などはこれから募集する。使用範囲は盛岡市内。低迷状態の市内の消費需要や市内商工業者の経営意欲を喚起し、市民生活の向上、地域経済の活性化などを目的に行う。

  同振興券は1枚が額面500円。11枚をワンセット5千円で販売する。10%のプレミア付き。購入限度は1人10セットまで。発行枚数は66万枚で、総額3億3千万円分。釣り銭は出ない。

  使用可能事業所(登録事業所)は、盛岡市内の事業所。業務の内容が公序良俗に反する事業所、性風俗関連特殊営業の事業所は除く。

  販売開始は10月1日午前10時から。同券使用期間は来年1月31日までの4カ月間。発売場所は、盛岡商工会議所のほか、盛岡大通商店街協同組合、盛岡市肴町商店街振興組合、日専連パートナーズなどを予定している。

  同会議所地域振興チーム産業振興グループの佐藤誠司リーダーは「予算も付き常議員の承認も得た。使用可能事業所の募集は8月17日からの予定。事業所の規模には関係なく登録可能。名称なども含め募集までの最後の調整をする。5月には定額給付金給付を記念した商品券が発売され盛り上がった。当会議所としてもさらにまた盛り上がるよう頑張りたい」と話していた。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします