2009年 7月 31日 (金)

       

■ 映画館通りに新館2ホール アート系作品を上映

     
  新装なったアートフォーラムのロビー  
 
新装なったアートフォーラムのロビー
 
  盛岡市大通2丁目のサンライズタウンビル5階に31日、盛岡フォーラム8、9番館の「アートフォーラム」が開館する。30日に関係者を招いて内覧会が行われ、旧名劇のフロアを改装した二つのホールがお披露目された。山形市のフォーラム運営委員会(長澤裕二代表)が約1億円をかけて改装し、映像と音響の効果を充実させた。アート系作品を中心に上映し、MOSSビルの盛岡フォーラムと合わせて約40万人の動員を見込んでいる。

  アートフォーラムは8番館75席、9番館44席。盛岡フォーラムの8、9番館だが、上映作品の特色を打ち出すため、アートの名前を被せた分館とした。改装工事で防音性能を高め、映写機とスピーカーを入れ替えて最新の音響システムに対応する。客席に段差を付けてスクリーンを見やすくし、座席シートや発券システムを一新した。バリアフリー対応で劇場内に車いす専用のスペースを設け、エレベーターから段差なしで入場できる。

  31日のオープニングは「羅生門デジタル完全版」を午前10時10分から、同10時30分から「ニューシネマパラダイスデジタルリマスター版」を上映する。

  フォーラム運営委員会の長澤代表は「映画館通りでやる期待に応えるためには、郊外型シネコンと同じグレードで映画館を作らねばならない。街づくりと一緒にやるなら、映画を完全な形で見てもらえる進化した映画館にしなければならない。世界中で制作され、公開されている映画を見る機会に、東京で上映されている半分以上は盛岡で公開したい」と話していた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします