2009年 9月 24日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉336 佐々木康宏 陸羽東線キハ110系

     
   
     
  小牛田〜新庄の陸羽東線もキハ110系が運用されている。白い車体に緑の縁取りをしているのがキハ110系の標準色だが、この線を走るキハ110系は他線区とは塗装が違い、緑の色調が異なりキハ110は黄色の帯、キハ111・キハ112は赤の帯が入る。

  同じキハ110系でも色が違うと印象が違う。「奥の細道」のロゴも入る。小牛田運輸区(仙ココ)の配置である。

  写真は川渡温泉〜池月にて。川渡温泉駅から歩いて20分ほどの地点だ。米どころの田園地帯を走るので田んぼを取り入れたさまざまなアングルで撮ることができ、四季折々の田んぼの表情と列車を組み合わせることができる。黄金色となったイネを入れて撮影。沿線には有名な鳴子温泉はじめ温泉が点在し、駅名に温泉の名を付けた駅も多く「奥の細道湯けむりライン」の線区愛称名もある。奥の細道は松尾芭蕉にちなむ。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします