2009年 9月 30日 (水)

       

■ 若者に照準、雑貨も扱う写真展 田口写真機店が愛宕町に新店舗

     
  リニューアルオープンしたzakka&gallary photo plus(ザッカアンドギャラリー フォトプラス)  
 
リニューアルオープンした
zakka&gallary photo plus
(ザッカアンドギャラリー フォトプラス)

 
  盛岡市本町通の田口写真機店(川村公史代表)が、同市愛宕町2の50、岩手フジカラー1階に新店舗をオープンさせた。店名はザッカアンドギャラリー、フォトプラスに変更。若者などの新需要に対応し従来の写真の現像コーナーのほか、写真関連の雑貨類や展示コーナーを加えた複合型の新店舗になった。

  川村代表は「写真や写真の周辺がもっと楽しくなるよう写真の楽しみを提案し写真を撮り現像したあとも楽しんでもらうための店にリニューアルした。店名も思い切り変更し新たな時代の流れに適した店舗にチェンジした」と言う。

  雑貨コーナーには最近若者に流行のおもちゃタイプのトイカメラや張り付けスタイルの新型アルバムなどが並ぶ。トイカメラは、通常のカメラフィルムを使用しており、ワンタッチの簡単な操作で撮影できる。

  アルバムは写真を張り付け、イラストや言葉を自由に書き、手作りで仕上げるタイプ。写真を張り付けるためのカラーシールやデザインシールが、商品として並ぶ。

  川村代表は「トイカメラで現像すると光った場所が残ったり独特な写真となる。アルバムも、手作り感覚を大事にしたオリジナルの1冊。タイトルを付ける機器もある。いずれも雑貨の一つ」と言う。

  ギャラリーコーナーは、四つ切りワイドが20枚飾れるスペース。無料で貸し出す。川村代表は「3週間単位で、貸す。撮影した写真の展示会場として利用してもらいたい。既に、岩大の写真部員らが使っている。写真好きな市民も予約しており、年内は展示スケジュールはいっぱい」と市民に開かれたギャラリーを目指す。

  フォトプラスでは、従来の現像に、鮮やかさや淡さなど青みや黄色みを出すことが可能なサービスも付加した。川村代表は「新たなサービスを開始した。昔のような懐かしい写真にも仕上がる。10月2日から4日まで、イオンモール盛岡で、若者43人の写真展を開催する。これから、さまざまな企画なども行う。本町の店の活用は来年」と話していた。 営業時間は午前10時から午後7時まで。無休。問い合わせ先はザッカアンドギャラリー フォトプラスまで(電話652-2223、10月1日以降)。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします