2010年 4月 2日 (金)

       

■ 〈よしこさんのおいしい岩手〉29 フライパンポテトピザ 丸山淑子

     
  photo  
     
  「貧者のパン」と呼ばれるジャガイモ。世界中の多くの飢饉を救ってきました。4月に入ると、そろそろジャガイモ植えが始まりますね。でも、貯蔵した芋が残っているという方もいらっしゃるかもしれません。18年前、移住初日の4月1日、ご近所から届いた野菜の中にジャガイモ30`がありました。朝・昼・晩とジャガイモを食べ続け、とことんジャガイモと付き合った1カ月でした。4月になると懐かしく思い出します。今回は、水分が抜けた貯蔵ジャガイモ向きの料理です。外側はカリッと中がふっくら食感。ジャガイモのでんぷん質を利用するので水にさらしません。ジャガイモの品種&トッピングはお好みで!

  【材料 4人分】1人分212`i
  ジャガイモ5個、ピザ用チーズ80c、明太子40c、サラダ油大さじ1/2、塩少々、パセリ適量、キャベツ4枚、ニンジン1/3本、調味料A(砂糖・酢各大さじ1、塩・オリーブ油各小さじ1、こしょう少々)

  【作り方】
  @キャベツはざく切り、ニンジンは太めのせん切りにし、ボウルに入れてAの調味料を加え、よく混ぜる。
  Aジャガイモは、せん切りにし、塩少々をして10分位おき、しんなりさせる。
  Bフライパンを温めてサラダ油を入れ、Aを入れて直径20a位に形を整える。フライ返しで全体を押さえ、ふたをして弱めの中火で5分焼き、皿にひっくり返して取り出す。フライパンに戻して押さえ、ふたをして裏面も5分焼く。明太子を散らしてチーズをのせ、ふたをしてチーズが溶けるまで焼く。4等分に切って盛り付け、@を添える。

  【ポイント】
  @塩をして10分おく!ジャガイモがしんなりとして形が整います。
  A押さえながら焼く!まとまりが良く、外側がカリッと中はふっくらと仕上がります。

  【栄養ひと口メモ】
  ジャガイモは、ビタミンC・B群・食物繊維(芋ですから!)が豊富です。注目成分はビタミンC。水に溶けやすいビタミンですが、ジャガイモの場合はでんぷんに守られているので流出しにくい&壊れにくい。つまり、効率よく摂取できます。強い抗酸化作用もあり、生活習慣病の予防効果があります。鉄の吸収も高めるので貧血の方にも、お勧めのビタミンです。1日1個のジャガイモで元気に軽やかに過ごせると良いですね!
(料理研究家、大迫町在住)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします