2010年 4月 9日 (金)

       

■ 新しい柳新道形成へ MOSSビル前道路、業種集まる

     
  新店の開店で活性化が注目されるMOSSビル前の路面店  
 
新店の開店で活性化が注目されるMOSSビル前の路面店
 
  盛岡市大通のMOSSビル前の商店が活気付いてきた。景気低迷で空き店舗が増加する中で、同ビル前の路面の空き店舗に、美容や喫茶などの新店が徐々に入居。クロステラス盛岡の開店なども後押しし、今後、カジュアルレストランや総菜店などの新店もオープン予定。新たな活性化の動きとなるか注目されている。

  開店4年目のMOSSビル前道路(市道中央通2丁目大沢川原2丁目線)の路面には、東北銀行大通支店をはじめ、各種飲食、衣料店、美容など約30店舗が軒を並べる。

  ダイエー盛岡店閉店やその後の景気低迷などで、閉店した店舗もあり、空き店舗が目立っていた。その後、MOSSビルがオープンし集客効果を発揮してきた。

  MOSSビル斜め前に昨年12月末、ピーチカフェがオープン。同ビルやクロステラス盛岡の集客を見込んだ。同店のオーナー高橋喜征さんは「新たな人の流れのある場所と期待し店を出した。パスタとカレー、カフェなどがメーン。周辺には居酒屋ばかりがあるが、当店はカフェや軽食を好む層がターゲット。『アバター』などの大ヒット映画が上映されると来店客が増える。今年は冬が長く、まだ思うような成績にはなっていないが、これからが勝負。日曜日も営業したい」という。

  同店並びの若者衣料店ウエストの販売担当者は「以前から営業している。最近、新店が増えてきた。MOSSビルやクロステラス盛岡の影響だろう。ただ人の流れは曜日やイベントの有無で違う。当店もその余波を受ける。これからは継続的なイベントが必要では」と見る。

  MOSSビル西口側の喜久屋茶屋では「大ヒットしている映画の上映前後は当店前は大変込み合う。ただ当店には入ってこない。客層が違う。当店は昔からの客が中心」という。

  真向かいにプレッティビルを運営するプレッティコーポレーションの加藤明社長は「予定通り2日、2階に美容室をオープンした。下旬までに1階にイタリアレストランが開店する。周辺に新店が誕生し新たな流れとなろう。新店のオーナーらとは情報交換している。これから」と力を入れている。

  MOSSビル内には3月、各種健康保険が活用できるげんき堂整骨院がリニューアルオープン。高橋詩子同院長は「当店は整骨院で健康保険取扱店。年齢問わず利用してもらいたい。打撲やねん挫なども応対する」とPR。

  同ビルオーナーの山田耕三岩手自動車販売取締役は「当ビル、クロステラス盛岡がこのかいわいの活性化の役割を果たしているようだ。さまざまな新しい店舗が増え、中心市街地が活気付く流れ。景気はまだ厳しいが、当ビルでも今後、さまざまなイベントを行い活性化に力を入れたい」と話していた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします