2010年 4月 13日 (火)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉65 照井顕 敏子さん宅のホームパーティー

 ワシントンDCから、小さな国内線機に乗って、ニューヨークへ着いた日の夜は、穐吉さんから、「ジョニーと行く穐吉敏子への旅」御一行が、セントラルパーク・ウエストにある穐吉さんの自宅へ、全員がご招待を受ける日とあって、皆、胸膨らむ最高の日(3月29日)。

  贈り物に悩んだあげく、留守の多い人だから、根のある花にしよう!と、数鉢の花を買い込んでタクシーに分乗して出かけた。実際は一行13名なのだが、このツアーの03年に参加した、森隆明君という盛岡出身のデザイナーに電話をして急きょパーティーに誘った。

  彼はその03年、僕たちとニューヨークに来た時、僕の知り合いで、ニューヨークで活躍しているやはりデザイナーの橋本淳一さんに紹介してもらった会社に面接に行き、就職が決まった。3年のつもりがすでに6年もニューヨークで働き、日本人向けのニューヨーク便利帳や、地図などのデザインや編集を手がけて元気にやっているのである。

  このこともまた、もとをただせば、穐吉敏子さんのおかげさまなのだ。彼も思わぬ2度目の穐吉さんのホームパーティーでカンゲキの面持ち。おいしいワイン、クラッカーにとろけるチーズをのせ、口にほうばり、穐吉さん特製のターキーの丸焼きや、パスタ&サラダなどなどの手料理に皆大感激。

  ところが僕はといえば、花のことで頭いっぱいになり、日本から持って行った手土産をホテルに忘れてきたことを思い出し、一人だけ、パーティーを離れてタクシーで往復。トホホホ。盛岡のクリップさんが作ってプレゼントしてくれたエコバッグ(トシコズ・ドリームのロゴ入り)に一杯詰めた夢物語を手渡して安心と思いきや、今度はトシコさんが、疲れて先におやすみ。またしても少し残念のトホホ。

  穐吉さんのご主人、ルー・タバキン氏は、僕に新作のCDをプレゼントし、そして、穐吉さんの娘さん、マンディ満ちるさんにも電話をしてくれて、久しぶりにゲンキな、たわいもない話を交わして、二人とも懐かしんだ。リビングには最近取り替えたばかりの立派なピアノが光っていました。
  (開運橋のジョニー店主)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします