2010年 4月 16日 (金)

       

■ ライトアップして待っています 「盛岡さくらまつり」花なき開幕

     
  「開花の呼び水に」と点灯ボタンを押す新沼部長(左)と大志田部長  
 
「開花の呼び水に」と点灯ボタンを押す
新沼部長(左)と大志田部長
 
  盛岡市の盛岡城跡公園(岩手公園)を会場に16日から5月5日まで開催される「盛岡さくらまつり」を前に15日夕方、同公園内で桜のライトアップの点灯式が行われた。桜のつぼみは黄緑色に膨らんできてはいるものの、ここ数日間の冷え込みで固まったまま。
  同市の大志田和彦商工観光部長と新沼正博都市整備部長が「盛岡の桜は石を割ってでも咲く。開花も間もなく」「ライトアップを開花の呼び水に」などとあいさつし、点灯ボタンを押した。
  ライトアップは今年で4年目。期間中、毎日午後6時から9時半まで、公園内の200本余りの桜を20基の投光器で照らす。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします