2010年 4月 27日 (火)

       

■ 盛岡商議所、常議員選挙日程決まる 会長選び大きな焦点

 盛岡商工会議所(永野勝美会頭)の第1回常議員会が26日、盛岡市清水町の同会議所で開かれた。10月31日の任期満了に伴う議員(定数121)選挙の日程を決めた。全員が改選になる。任期は3年。前回同様、会長選びが大きな焦点になる。刷新を求める声の一方で、永野会頭が強い指導力を発揮しているだけに再選の可能性もささやかれている。

  約30人の常議員が出席した。現議員(121人)の任期は10月31日まで。

  議員は1号、2号、3号の3議員に区分されており、それぞれ選出方法が異なる。選挙・選任は3号議員から行われる。

  3号議員の定数は17人。選任期日は10月4日。会頭が選び、常議員会の同意を得て選任する。2号議員の定数は41人。選任期日は10月5日〜8日。7部会の各部会員の互選で選任。業界の声を総会などの議決機関に反映させるために設置しており、部会に割り当てされる議員数は、部会員数とその持ち口数で勘案される。各部会議員定数は9月21日の常議員会で確定する。

  1号議員の定数は63人。立候補の届け出を選挙長(同会議所専務理事)に出し、会員の投票で選出する。選挙の告示・立候補者届出開始は9月24日。選挙期日は10月15日。形式は、公職選挙法と同様、選挙期間、選挙日程があるが、立候補者が集票し、代理で投票するのが通例。

  投票の権利は会員、特定商工業者。票数は会員では会費1口から10口まで1口につき2票。11口から40口までは1口につき1票で50票が限度。基本選挙人名簿の確定は8月26日。

  臨時議員総会は11月1日に開催され、会頭の選任、副会頭および専務理事の選任同意、常議員および監事の選任を行う。

  永野会頭は「次の時代の盛岡経済を担う通常議員の選挙・選任となる。優秀な人材にぜひ議員になってもらいたい。年末には新青森駅まで新幹線が延伸する。地域間競争がさらに激化すると憂慮している。その点を熟知して臨んでもらいたい」と話した。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします