2010年 5月 3日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉68 「スモール・ジャズクラブ」照井顕

 ニューヨークのジャズクラブへ行けば、たいがいの店に[HOT HOUSE]という白黒刷りの小冊子が置いてある。1982年の創刊で、ニューヨーク・ジャズ・バイブルと呼ばれるジャズのガイドブックだ。

  この本の2010年3月号28nにある、スモールズ・ジャズ・クラブのスケジュール25日(木)の欄に、7:30PM〜Spike.Wilner.Solo piano/9:00PM〜THE.Toshiko.Akiyoshi.Trio
/12:30AM〜THE.Dwayne.Clemons.Quintetの名前がある。

  つまりこの日は3つのバンドが入れ替わって、夜の7時30分から午前2時までの演奏だ。このスモールズは新人の登竜門的な店として知られ、日本のジャズ誌はもちろんだが、NHKのTVなどでも取り上げている程、名の知られたニューヨーク・ジャズ・クラブの名店で、僕もニューヨークへ行けば必ず行く店。

  3月29日の深夜、穐吉敏子さん宅でのホーム・パーティーが終わって皆ホテルへ戻ってから、僕は、今回の旅に東京から参加してくれた溝田博史さん(元・農業富民誌編集長)と連れたって、4日前に穐吉さんが、ケネディセンター・ジャズクラブへの出演のための、リハーサルを兼ねて演奏した、そのスモールズを尋ねてみた。

  名前の通り小さなクラブ(僕の店・開運橋のジョニーと同じ位の広さかな)で、カウンターと、ステージに向いたいすが置いてあるだけの、いわゆるライブハウス的なクラブ。出演していたのは、THE.Ari.Hoenig(ds)のグループ。演奏真剣・聴衆真剣・クラブは立ち席までビッシリ、美しいウェイトレスが、客の間を縫うようにして、飲み物を運んでくる。釣り銭もステック・シュガーみたいな棒状で返すカッコよさ。

  ビックネーム・穐吉敏子がPaul Gill(b)と黒人ドラマー・Ulysses Owensを加えたトリオのスモールズでの演奏は、ケネディセンターで聴いた音と重ね合わせ、勝手な想像ライブを、一人頭の中で楽しんだ。
  (開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします