2010年 5月 13日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉368 400系ラストラン

     
   
     
  400系は新幹線と在来線を直通運転(新在直通)した最初の形式だ。1992年7月から営業運転についた。当初は奥羽本線山形まで、のちに新庄まで延長し、「つばさ」運用についた。2010年4月18日の新庄発東京行き「つばさ18号」がラストランとなった。18年間活躍したので、18日の18号という語呂合わせらしい。

  写真はラストラン前日の4月17日に団体臨時列車運用についた400系。奥羽本線関根にて。板谷峠をくだってきて米沢に向かうところ。4月だというのに、まさか雪景色の中で撮影できるとは思わなかった。大先輩のFさんと若手のAさんと連れ立ってこのシーンを撮りに出かけた。

  関根駅のホームにはお仲間数人、鉄道職員1人。「14時05分(じゅうよじころごふん)に通過しますので、黄色いラインの内側で撮影してください。」撮影は撮影マナーを守って節度をもって撮るべきで鉄道会社や一般乗客に迷惑をかける行為はもってのほかである。
(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします