2010年 5月 17日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉70 照井顕 初キャンセルの真相

 10年5月12日、朝9時34分、品川のホテル・パシフィック東京から届いた穐吉敏子さんからの「昨晩帰国しました」のファクス。(かねてから予定されていた日本でのソロ・ツアーのため)

  あの4月初めのシカゴの「ショウケース」キャンセル以来の通信なので、おっかなびっくり読み始めると「前略・お元気ですか?」と、こっちが音さたなしにしていたことを逆に問われて、まずファクスに向かってスミマセンと独り言をつぶやいて謝った。

  その内容によれば、3月25日ニューヨークのジャズクラブ「スモール」で演奏した後、少し体調がおかしかったようだが、疲れたのだと思ってそれ程気にかけないでいたらしい。

  ところがケネディセンターでの演奏を終えた後の日曜日の夜、猛烈な熱が出た(それが実は肺炎だったらしい)のを、アスピリンとショウガ汁で熱を下げたのだと。

  そしてその翌日の29日は、僕たち一行が、穐吉さんのお宅にお邪魔する日だったために、穐吉さんは僕たちを失望させまいと無理をして料理を作り、僕たちを迎えてくれたのでした。当日ホテルから穐吉さん宅に何度か電話をして、ようやく夕方につながった時、時間に厳しい穐吉さんが、準備が遅れているので30分遅らせて来て下さいとのことだった。

  僕は何となくいつもと違う感じを受け、1時間遅れで行った方が良いだろうと思った。僕たちがワインをいただきながらワイワイしている間にも、汗だくになりながらも料理を作り全部テーブルに出してから、そっとおやすみになったのでした。

  結果的には翌30日呼吸困難になり、31日夕方には入院ということになった。そのために4月1日から4日までのシカゴのライブをキャンセル(穐吉さんの楽歴上初めて)しなければならなくなってしまったのでした。

  ファンに対してはとても優しい人なのですが、事、自分自身に対してはどこまでも厳しい方なので、大変な無理をさせてしまったのでした。ごめんなさい。なのに手紙の最後には、そんな訳でおみやげのお礼が遅くなりました、と皆様に申し上げて下さいとあった。
  (開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします