2010年 5月 24日 (月)       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉71 照井顕 クロウする?アマとの共演

 来る10年5月29日・東京中野ゼロホールというコンサート会場で、穐吉敏子さんは、二つのアマチュアバンド「アートクロウ・ジャズアンサンブル」と「アートオール・ジャズオーケストラ」と共演する。

  アンサンブルは長崎、オーケストラは東京で編成されたバンド。リーダーは内田真嗣さんというトランペッター。長崎出身の彼は、高校生の時、穐吉さんのジャズに出会って以来、ずっと彼女の音楽を追い求め、社会人となってからは、アマチュア・ビッグバンドを結成して、穐吉敏子の楽曲のみを演奏する、いわゆる、穐吉敏子ジャズオーケストラのコピーバンドを、20年間も続けて来た人なのです。

  いつかは、穐吉さんと共演してみたい!という夢は、僕も見聞して来た08年11月3日(月)の、長崎ブリックホールでかないました。アートクロウ・ジャズアンサンブルとの感動的な共演でした。そしてその興奮さめやらぬ翌12月28日。バンドの主要メンバー6名は、NYのマンハッタンにある穐吉さん宅に、お礼と次回予約のために伺っていた。その事を知ったのは、同日に穐吉さんから僕に届けられた「今日は長崎で一緒に演奏したバンドの中の6人が家に来ます」とのFAXでした。

  その1カ月後、09年1月31日のFAXでは「もう来年になってしまいましたが、長崎で共演した、あのアマチュアバンドとの共演を約束(10年5月29日)したので、そのためのバックアップデイトを取っています」とのFAXでした。(共演しに日本へ行くためのファースト・クラスの旅費、その他を軽減させるために、自分でソロの仕事を取っているのでした)

  共演するアマバンのフトコロを心配し、自らその軽減策をとってあげる行動(ソロライブ)を起こして臨む、そして、その事を「テルイさんはスキップして南の方、北はここと、あそこと(僕がかかわらないとこだけ)にしてます」と、僕にまで気を遣い、しっかりと断って自分で仕事を取り29日に臨む様子の手紙。僕は本当に頭が下がる思いでした。

  5月29日約束の日、約束の地に僕は女房とHopeガール、友人たちを連れて行きます。
  (開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします