2010年 6月 16日 (水)

       

■ 〈もりおかデジカメ散歩〉868 「湿原の遅い春」佐々木弘元

     
   
     
  「湿原の晩い春」佐々木弘元(70)、盛岡市乙部

  【撮影の狙い】5月も中旬というのに、まだ湿原の大部分は厚い雪に覆われていました。傍らのわずかに雪が解けている所に、春を待ちきれないミズバショウが花を咲かせていました。自然の生命力に感心させられました。(5月16日午前11時52分、八幡平山中大場谷地)

  【撮影データ】ニコンD70、タムロン18〜200、焦点距離18_、シャッター速度500分の1秒、絞りF22、シャター優先オート、露出補正プラス0・3、ISO200、WB晴天。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします