2010年 6月 28日 (月)

       

■ 明治橋下流でクマを射殺 驚く住民「街中なのになぜいる?」

     
  明治橋下流の北上川で射殺されたクマ(盛岡市提供写真)  
 
明治橋下流の北上川で射殺されたクマ(盛岡市提供写真)
 
  盛岡市内の明治橋下流で27日午前4時56分、川を歩いているクマを市民が発見し、警察に通報があった。警察、猟友会が出動して同日午前11時5分に射殺された。クマは体長104a、体重90`の若いクマで性別は不明。追い立てる花火が鳴らされ、早朝からの大捕物に、近所の住民らにより堤防沿いに黒山の人だかりができた。クマと猟友会の攻防を見物し、祭り騒ぎのような状態になった。

  盛岡東署の調べによると、北上川右岸で釣りをしていた男性が川を歩いているクマを発見した。クマは人を避けて川を横断し左岸に広がる中州の林に身を隠した。パトカーなど車両10台で付近の住民に呼びかけをする一方、猟友会に依頼し、会員12人で午前9時から捕獲を開始した。

  クマが身を隠した中州はユニバース鉈屋町店(吉田将幸店長)付近。同店では警察から連絡がなかったため通常通り開店していた。吉田店長は「開店後にクマが川にいることを知ったが、現地を確認したところ土手を上がれないように措置をしていたので、お客さんに危害を加えられる心配はない、大丈夫だと判断した。こんな街中にクマが出ることに驚いている」と話した。

     
  クマが逃げ込んだ北上川の中州(ユニバース鉈屋町店付近)  
 
クマが逃げ込んだ北上川の中州
(ユニバース鉈屋町店付近)
 
  この騒動を午前6時半ころから見ていたという近所に住む60代の主婦は「花火の音で起き、外に出たらクマが出て追い立てているとのことだった。土手は急斜面で上がってこられないと思い、怖くもなかった。最初はわたしと隣りの家の人の2人しかいなかったが、どんどんやじ馬が増えていった」と話す。
  猟友会に射殺されたクマは右岸に寄せられ、緩い斜面から午前11時半ころに明治橋に引き揚げられた。
  盛岡市内では25日ごろに館坂付近でクマが目撃されたという情報もあった。射殺されたクマと同一かは不明。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします