2010年 7月 1日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉375 こがね

     
   
     
  「こがね」はジョイフルトレイン「グラシア」をリニューアルして2007年に登場したキハ58系気動車の改造車キハ59、キハ29の3両編成。2人掛けと1人掛けの3列シートでサロンコーナーもある。先頭車のサロンは運転席の脇に設置されているので、前面展望は良好である。

  団体列車や仙台〜気仙沼間を気仙沼線経由で主に週末に運転する快速「こがねふかひれ号」(全車指定席)に運用され活躍してきたが、12月26日に引退することになった。

  写真は団体列車で盛岡まで入線したとき盛岡駅で撮影した「こがね」。車体の色は金色をベースに車体すそはオレンジ色。車体上部は金色の間に白いブロックパターンが入り、ロゴマークが入る。改造のベースとなったキハ58、キハ28は昭和42年新潟鉄工所、昭和43年富士重工のメーカースプレートが付いている。車齢は43年になる。鉄道車両としては長寿だ。ラストランまで約6カ月となる。
(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします