2010年 7月 19日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉79 照井顕 ゴールド・ディスク辞典

 85年5月に臨時増刊された、スイングジャーナル社発行のゴールド・ディスク事典。この本は一口で言えば、ジャズレコード史に残る名盤事典。かつて同SJ誌の編集長だった児山紀芳氏が、67年に、同ポスト着任と同時に打ち出した企画「スイングジャーナル選定・ゴールド・ディスク」(名盤中の名盤)を1冊にまとめたもの。

  載っているのはジャズピアノ不滅の55作。AtoZジャズの魅力を伝える153作の計208作品。このうち日本人が演奏している作品は9作で、ピアノは穐吉敏子の「ザ・トシコ・トリオ」と佐藤允彦の「パラジウム」の2作。

  AtoZでは「日野(皓正)〜菊地(雅章)クインテット」、宮沢昭の「山女魚」、鈴木勲の「ブローアップ」、渡辺貞夫の「渡辺貞夫」と「アイム・オールド・ファッション」の5作に、歴史的なセッションを収めた「幻のモカンボセッション54」「銀巴里セッション」(63年)。

  「ザ・トシコ・トリオ」はサイドメンのベースにポール・チェンバース、ドラムにエド・シグペンといった一流どころと、56年にニューヨークで録音したアルバム。タバコを手にして考える若き日のトシコのワンシーン写真ジャケットは、演奏もさることながらに、いまだに人気がある名盤なのだ。

  この事典を発行するにあたって、日本盤6作とモンク、ミンガス、ヘイデン、ペッパーの計10作品の解説文依頼が舞い込んで、ビックリした記憶が甦(よみがえ)る。少し読み返して見たら、ほとんどすべてダジャレ解説で、名盤を何と心得る!と、お叱(しか)りを頂くような文に、今さらながらあきれ果てた。

  特にも穐吉敏子トリオの解説では「エド(江戸)のど真ん中に高くポールを立てて、横書きで〓TOSHIKO〓と染め抜かれた旗がハタメキ、幕府の連中が〓あれは何だ!あのざわめきは何事だ!〓と慌てふためいたであろうという様な空想の世界を、録音当時の日本ジャズ界に置き換えてみると、何となくピッタリと収まる。なんと情けない貧弱な日本の状況であった事か、悔しさで一杯になる」と僕は少し皮肉って書いていた。
(開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします