盛岡タイムス Web News 2010年 10月 4日 (月)       

■ 永野・盛岡商工会議所会頭、勇退の意向 きょうにも表明か

 盛岡商工会議所の永野勝美会頭(75)は3日までに、今期で勇退する意向を固めた模様だ。早ければ4日にも公の場で進退を明らかにするとみられる。同会議所は今年が改選期で、任期は10月31日まで。次期会頭は、新たな議員によって選出されるが、現会頭が勇退するとなれば役員体制も大きく変わることになりそうだ。次期会頭候補には、岩手トヨペット社長の元持勝利氏(67)らの名前が上がっている。

  永野会頭は、岩手銀行頭取、全国地方銀行協会副会長などを歴任後の07年11月に第19代目会頭に就任。中心市街地の活性化、地産地消推進、観光産業の振興、国際リニアコライダー誘致推進、新産業創出などに尽力してきた。

  会議所の活性化に着手し、県内外の財界関係者、行政との太いパイプで指導力を発揮、地域経済の建て直しに力を注いだ。今期は当初、続投する意向とみられ、議員の中からは支持する声も挙がっていた。

  選挙で議員が決まった後、臨時議員総会が11月1日に開催され、新会頭が選任される。その後、副会頭と専務理事の選任同意、常議員と監事を選任する。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします