盛岡タイムス Web News 2010年 10月 4日 (月)       

■ 〈昭和30年代〜ぼくの東京〉藤田祐二郎 霞ヶ浦の帆引き舟

     
   
     
  旧水戸街道から、霞ケ浦が見えた。子どものころ海軍予科練の歌で名前だけは知っていたが、これほど大きいとは思わなかった。湖面に白い大きな帆を張った船がいっぱい浮いている。良く見ると風をいっぱい受けているのに船は全く動かない、しかも船は帆と並んでいる、一体何をしているのか。不思議だったが、美しい。後で漁師が魚を採る網を引いている「帆引き舟」と分かった。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします