盛岡タイムス Web News 2010年 10月 7日 (木)       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉389 特急かもしか

     
   
     
  奥羽本線青森〜秋田間に3往復運転されている特急「かもしか」(485系3両編成)は今度の12月4日のダイヤ改正で愛称名が消えて、新たに「つがる」に愛称名が変わる。(現行の八戸〜青森・弘前間の「つがる」は廃止)

  編成も4両編成に変更になる。3両編成が2本連結された6両で運転されたり、運用変更で583系が使用されたりしたが、愛称名が消滅してしまうことになった。

  写真は奥羽本線大久保〜羽後飯塚を行く下り「かもしか」号。「かもしか」号専用の485系だ。秋田車。秋田車はかつて「たざわ」にも運用されていた。先頭車の連結器のカバー(密連カバー)は他区所の485系と異なり、原型タイプのカバーを付けているのが特筆される。逆三角形の特急シンボルマークとともに、塗装は変更されているとはいえ、国鉄型車両のオリジナルを保っているわけだ。この「かもしか」号も見納めとなる。
(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします