盛岡タイムス Web News 2010年 11月 7日 (日)

       

■ 〈ブリキの記憶〉1 さとう六平 やきとり屋

     
  photo  
     
  私の頭の中だけにある中学生以前の記憶。いろいろな出来事は、ある程度、鮮明に覚えているものの、時期や、値段や、そこに行く順路などはよく覚えていないものだ。だから「ブリキの記憶」というシリーズにしてみました。ここにでてくる友達や、先生やお店は実際の名称を使っているので、もし支障のある人がいれば、勘弁してほしい。
           ◇     ◇
  終戦後から昭和30年ごろまで親父が盛岡にきて初めてやった仕事がやきとり屋。昔の上田組町は、たんぼだらけで、専売公社(現中央病院)の近く、お茶屋さんの向かいにほったて小屋を建てて、夜遅くまでやっていた。
(画家)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします