盛岡タイムス Web News 2010年 11月 8日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉93 瀬戸の夕陽 照井顕

 「高松の関元さん(穐吉さんの熱烈なファン)から、瀬戸内海の夕陽を見に来て下さいと言われてるから、行って来なくちゃなんないの」と、穐吉さんが言ったのは、09年6月に計画していた、ご夫妻の結婚40周年を記念した「ヴィンテージ・ツアー」の日程を組んでいた時だった。

  その夕陽の話は、関元さんが率いる高松の「SWJO」というビックバンドが「Sunset of Seto」という曲を穐吉敏子さんに作曲依頼し、その曲を04年から始まった「サンポート・ジャズ・フェスティバル」のテーマ曲にするというもの。その曲は来年11年8月7日(日)に同祭で発表されることになった。

  行って見聞してみたいと思っていたら、穐吉さんから電話とFAXを頂き、そのフェスティバル後の9日から数日間の日程を、僕に預けてくれるという。ワオー!渡りに船!みたいに喜んでいる僕。

  落ち着いて考えてみれば、11年は穐吉さんはジャズ生活65周年・渡米55周年という節目の年にあたる。電話での話、「来年の春には、カーネギーでの演奏があるようですね」と聞いたら「先日の中国と日本の公演を終えて戻ってきたら、メールが届いていてタイム・ワーナービルの中にある一番大きなホール(リンカーン・センター・ジャズ・オーケストラが入っている所)からの出演依頼。来年9月ということなんだけれども、わたしはすでに9月のスケジュールは入っているので、2012年3月以降にリクエストした」という。「また、皆さんでいらっしゃい」と言ってくれた。来年の話は鬼が笑うというが、再来年の話である。泣く程の嬉しさ!

  そういえば09年に、穐吉敏子さんのピアノ・ソロ・ライブ2004が発売になっているが、ピアノに専念したいと、穐吉敏子ジャズオーケストラを自ら解体してスタート直後のソロの記録である。当時74歳。そして今年は、間もなく81歳を迎える年齢ですが、昨年録音した、クラシックエンカウンターのCDもそうなのですが、進歩し続けていることが、ありありと見える今の敏子さんです。
(開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします