盛岡タイムス Web News 2010年 11月 29日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉96 照井顕 NHK人間講座

 03年〜04年ころ、NHK教育TVで放送した人間講座という一人につき8週(8回)の番組に、僕が高校生だったころから好きになり、ずっとファンでありつづけてきた作家の五木寛之さん、僕が高校卒業と同時に始めたレコードコンサートの最終年(74年)に出会って以来ファンでありつづけてきた、ジャズピアニストの穐吉敏子さんの二人が続けて登場した。

  その講座のテキスト本「私のジャズ物語」が、穐吉さんから私に届けられたのは、放送開始1週間前の04年6月1日でした。つまりNHKが穐吉さんに贈った本を、穐吉さんがさらに僕にあてニューヨークの自宅から送ってくれたのでした。

  内容は「ジャズに魅せられて」「ジャズとは何か」「バド・パウエルとの出会い」「わが心の師デューク」「巨人たちの思い出」「私を支えてくれた二人」「ジャズを愛する人々」「ジャズの心・日本の心」というもの。

  第1話、満州から引き揚げ、ピアニスト求むの張り紙を見つけて以来、渡米までの10年間の、九州及び東京でのジャズ生活。第2話は、ジャズの語源や、生まれ方、そしてスイングしなけりゃ意味がないジャズの言葉。

  第3話、米軍ラジオ局の番組で聴いた曲、ボディ・アンド・ソウルを問い合わせたら、その後の彼女のスタイルを決定づけることになった“バド・パウエル”だったこと。第4話は、初めて聴いた“デューク・エリントン”の演奏が騒音のようで何だかわからなかったのが、その深味がわかる大人になった自分を語り、彼の音楽がいかに黒人の伝統に根付いているかという内容に、彼女もまたハットわれを見つけたという話。

  第5話、マイルス、ピーターソン、ペティフォード、ガレスピーたちとの交流。第6話は、夫・ルー・タバキン氏とピアノのジョンルイス氏が彼女が岐路に立った時の支えになった話。

  第7話、ジャズファン、プロモーター、エージェント、ジャズクラブの人々の話。そして第8話は、ジャズの心と日本の心、自分の心の未来について語った。

  その第7話には僕の名前も登場していてビックリしたのを覚えている。
(開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします