盛岡タイムス Web News 2011年 2月 3日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉406 リゾートあすなろ下北号その1

     
   
     
  新青森〜大湊を「リゾートあすなろ下北」3号、4号で往復乗車する。2往復設定され、多客期運転の臨時列車だが運転日は多い。利用客も多く座席もほどよくうまる。

  青森から青い森鉄道線に乗り入れる。電車特急が130`運転を行っていた旧東北本線の線路を軽快に走り抜ける。エンジンを作動させ発電しモーターを駆動させるパワフルな走りは、エンジン音とあいまって気動車特急に乗っているかのようだ。

  そして、ブレーキ時の音は電車特急に乗っているかのような音がする。回生ブレーキの作動音だ。モーターを発電機として作用させ、発生した電気は電車や電気機関車ではパンタグラフから架線に戻していたが、ハイブリッド車のHB−E300系では蓄電池に充電し、再び加速する際に使う仕組みだ。

  運転台に「発車はブザー」の注意書きがあった。これは気動車の流儀だ。ちなみに電車は戸閉め知らせ灯の滅が発車合図となる。
(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします