盛岡タイムス Web News 2011年 2月 17日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉408 南リアス線にシチュー列車を訪ねて

     
   
     

 三陸鉄道南リアス線のシチュー列車を訪ねて、盛岡から快速「はまゆり1号」で釜石に行き南リアス線に乗り換えた。

  南リアス線211D、213D、210D、214Dは土、休日はレトロ調気動車さんりくしおさいで運転される(一般車の場合もある)。11時22分発盛行きはさんりくしおさいの運用でアテンダントも乗務。途中、きっぴんあわびで有名な吉浜湾が望める地点では徐行して車窓風景をサービスする。太陽に海面が輝いていた。

  恋し浜は駅名票が紺色で、ホームに小さな鐘が設置され雰囲気をアップ。待合室にはホタテ貝の絵馬がつるされ、筆者も奉納したことがある。御利益の程はまだ…。

  盛12時33分発で折り返す。この日はシチュー列車と銘打って待合室で鶏肉入りシチューが振る舞われた。産直列車も連結され車内で買い物を楽しめた。がんずき、干し柿、ホタテ入り炊き込みご飯を購入。小粒ながらホタテの良い香りが強かった。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします