盛岡タイムス Web News 2011年 7月 4日 (月)

       

■ 〈東日本大震災〉松本復興相が来県  知事らと意見交換
    「スピード感持ちやる」

     
  達増知事らと意見交換する松本龍復興担当大臣(左)  
 
達増知事らと意見交換する松本龍復興担当大臣(左)
 
  松本龍復興担当大臣は3日、岩手県入りし達増知事ら県幹部と意見交換した。大震災後、防災担当相、環境相として本県入りしているが、復興大臣就任後は初めて。松本大臣は報道陣に「スピード感を持ってやっていくというのが私の最初の使命。復興には住民合意が大事。伝統、文化、産業がそれぞれ違い、住民が合意したものを現地(対策本部)が聞いて、復興本部が何をするかになっていく」と語った。

  松本大臣は2日に福島県、3日に本県と宮城県と、東北の被災3県を回って知事と意見交換した。

  意見交換では「引き続き(発災からこれまでと)同じ気持ちで取り組む。素晴らしいチームができた。私自身はご用聞きに回りたい。全身全霊で取り組んでいく」との姿勢を示した。

  7月中をめどに復興の基本方針をまとめる考えで、県には特区や交付金、財源の問題などについて、急ぐものなど事務レベルで具体的な話を早急に示すよう求めた。

  達増知事は「災害対策から復旧・復興に向けての第2ステージに移ってきているところに国、県、市町村が力を合わせる態勢ができたことは心強く思っている」と述べた。

  松本大臣は報道陣に対し「千年に一度の仕事であり、復興本部のみんなが気合いを入れて努力している。スピード感が要るというのは最初から思っている。県も市町村も頑張ってほしいし、われわれが支えていく。スピード感を持ってやっていくというのが私の最初の使命」と迅速さの必要性に言及。

  「今までの(災害対策本部の)現地連絡室があり、マッチングしながら絶対に切れ目が生じないようにと指示を出した。(国の態勢が)バージョンアップして、県と市町村と連携しながら意見を吸い上げていく」と述べた。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします