盛岡タイムス Web News 2011年 7月 21日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉430 青森日帰り旅行

     
   
     
  母と叔父夫婦を連れ青森日帰り旅行に出かけた。「日帰りびゅうばすで巡る青森」という商品があり、これを利用。新幹線往復乗車と新青森から蟹田まで「リゾートあすなろ津軽」にも乗れ、観光バスで十三湖、青函トンネル記念館、竜飛崎灯台、階段国道、津軽海峡冬景色の歌碑を巡る。

  バスはJR東日本のバス部門の関連会社JRバス東北の運行だ。普通に盛岡〜新青森を往復するより安い料金設定だ。

  新青森からの「リゾートあすなろ津軽1号」の車内に入ったとたん、叔父が「おお、立派だ」と歓声をあげた。なにしろ座席の間隔1200_はグリーン車の寸法に匹敵する。1号車は席がほぼ埋まり、2号車も10人ほど乗っている。前回乗ったときはがらがらで岩泉線の方が多い程だったが、今回はなかなかの乗車率だ。蟹田の駅前から、びゅうばすに接続する。観光客にとっては列車から降りた後の2次交通があるのがありがたい。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします