盛岡タイムス Web News 2011年 7月 28日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉431 復活Kenjiいわて・平泉文化遺産号

     
   
     
  おかえりKenji。故障のため運用を離れていたKenjiが、盛岡〜一ノ関間の臨時快速「いわて・平泉文化遺産号」で7月16日から営業運転に復帰した。

  運転初日には盛岡駅3番ホームで出発式が行われ、盛岡駅長と平泉町観光協会会長があいさつし、さんさ踊りがアトラクションで舞われた。平泉観光の一翼を担ってもらいたいものだ。

  駅長の出発合図で発車、汽笛一声、エンジン力行、排気管から煙りを吹き出しながら発車していく。車体には平泉にちなんだラッピングが施され、2号車には平泉世界文化遺産登録の文字が貼られている。1号車、3号車には来年のデスティネーションキャンペーンの文字も貼られているので、もうしばらくは活躍する姿が見られそうだ。

  いまやJR線上で営業運転する最後のキハ58系。貴重な生き残りで動態保存的車両だ。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします