盛岡タイムス Web News 2011年 7月 31日 (日)

       

■ 〈写真集「南部馬の里」馬と人を見詰めて〉14 遠藤広隆 けん引

     
  photo  
     
  休みの日に道路を走っていて馬をひいたトラクターとすれ違った。

  七時雨の牧野に放牧しようとしているところだろうかと思い、戻って道路を見下ろせる高台を見つけてトラクターが来るのを待った。

  待っていると時間は長い。トラクターにひかれてのんびり歩いてくる光景を想像した。やがてエンジン音が聞こえてきた。トラクターと馬がゆっくり道路を歩いて目の下を通り過ぎていく。ここで対向車がくれば、もっと面白い光景になるのだろうか。車はやってくる気配もなかった。

  もともと農作業のために飼われていたはずの馬だが、その仕事はトラクターにとって代わられた。馬は、その機械にひかれて牧野に向かっていく。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします