盛岡タイムス Web News 2011年 8月 25日 (木)

       

■ 〈お父さん絵本です〉369 岩橋淳「よしおくんが ぎゅうにゅうを こぼしてしまった」

     
   
     
  “100%ORANGE”の名で活躍する2人組人気イラストレーターが手がけた作品です。ご年配の向きには久里洋二、佃公彦といった往年のイラストレーターの作風が思い起こされるかもしれません。

  さて、突然ですが、朝ご飯はパン派? ご飯派?

  本作の主人公は、パン派。お母さんに時間がなかったのか? チョコレートパン一個に牛乳一本。うーむ、昨今問題の「個食」を扱った社会派作品なのか? いえいえ、お話は、主人公がうっかり、今や懐かしの牛乳びんを倒してしまうことから始まるのです。

  「ぎゅうにゅうが とまらない」???

  どくどくと流れ出した牛乳は、床いっぱいに拡がり、チョコレートパンを押し流し、屋外へと…。あれよあれよという間に世界は、牛乳の大海と化してしまいます。どう見てもクジラながら手のひらサイズの「ミルクフィッシュ」なるものが泳ぎ回り、「ぼく(=よしおくん)」の心情をを見透かすかのような「ぎゅうにゅう こぼすな!」の大看板が立ち、彼方に浮かぶのは「こぼすな」という名の謎の漁船。「こぼすな」と言っても、こぼしたから出現した世界なのに。

  「ぼく」のたどり着く先は? いや、これは愚問。シュールな、シュールな作品です。

 【今週の絵本】『よしおくんが ぎゅうにゅうを こぼしてしまった おはなし』笈川賢治、竹内繭子/作・絵、岩崎書店/刊、1365円(2007年)。



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします